【10歳未満小学生コロナ感染!】北海道で新たに3人の感染者!行動歴や国籍や性別について午後から知事会見の内容について

事件
Sponsored Link
Sponsored Link

中国・武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス肺炎患者の発生が報告され、世界中に感染が拡大しています。北海道で新たに3人の感染者が発表され、そのうちの2人は小学生で内1人は日本で初となる10歳未満の子どもだそうです。感染者の行動歴や国籍や性別について2020年2月21日の午後、知事会見がおこなわれました。知事会見の内容や現在の感染者数や、日本での感染確認までの状況までについても調べましたので、参考にしていただきたいと思います。

新型コロナウイルス北海道で新たに3人の感染確認

新たに感染の確認された3人は、

  • 中富良野町の男子児童2人(10歳未満・10代)
  • 新千歳空港の検疫官の女性(40代)

2人の男子児童は兄弟で、二人とも回復傾向に向かっているようです。道によると、10歳未満の男子児童は15日に発熱し、医療機関を受診、19日に入院し、現在は回復傾向にあるそうです。もう一人は18日に発熱し、学校を早退して自宅で療養、19日に医療機関を受診し入院しましたが、いずれも回復傾向だそうです。

海外の渡航歴はなく、現在は濃厚接触者との関係や、行動歴について調査中です。

新千歳空港勤務の検疫官の女性についても、21日に感染が確認され同じく行動歴などについては調査中だそうです。

 

札幌市では20日、40代の男性会社員の新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表されました。19日に感染が確認された別の男性とともに、今月の12日まで札幌市中央区の「さっぽろ雪まつり」の会場で事務作業をしていた事が確認されていて、この場所で2人と濃厚接触した人は感染のリスクが高いとして市は、調査しているようです。しかし、この2人は限られた空間の密室で作業していたため、ここからの感染拡大はないので、考えすぎないでほしいと発表されていました。

私は、それを聞いてこの感染スピードを見ていて、なぜそのような事が言い切れるのか理解に苦しみました。限られた空間に入る前にどちらかが感染していたわけですから、感染者の行動歴を甘く見ているのではないかと思ってしまいました。雪まつりで感染したのではないかと考える方が、沢山いらっしゃいました。

 

新型コロナウイルス感染者の行動歴、国籍、性別について

北海道札幌市内で開催されていた「さっぽろ雪まつり」は、2020年2月11日夜に閉幕しました。毎年と比べると新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外国からの観光客が減少しましたが、それでも期間中の来客数は202万人でした。

まず、国籍と性別ついてですが、3名ともに日本人で男子児童2名女性1名でした。続いて行動歴ですが、北海道では今の時期多くのイベントが開催されていたため、男子児童2名の感染経路は多くの観光客が集まる場所ではないかと推測されます。

新千歳空港の検疫官の女性は空港内で感染した可能性が非常に高いですね。もし、空港内での感染だったとしたら、感染拡大を抑えることは非常に困難だと思われます。

空港の関係者感染の発表をうけ、国民の不安はさらに高まっているようです。

 

新型コロナウイルスの現在の感染者数(2020年2月19日現在)

感染者数なのですが、やはり中国では多くの人が亡くなっています。

厚生労働省の発表では、韓国の感染者数は31名となっておりますが、19日南東部・代邱市で開かれた宗教団体の集会に参加したおよそ1000人のうち、40人以上から感染が確認され、21日放送のひるおびで、韓国の感染者数が156名に及んだと報道されていました。

国       感染者数  亡くなった方の人数

中国       74,185名  2,004名
香港         62名    1名
マカオ        10名         0名
台湾               22名     1名
タイ          35名        0名
韓国                          156名       1名
米国                           15名         0名
ベトナム                    16名         0名
シンガポール             81名         0名
フランス                    12名         1名
オーストラリア          15名        0名
マレーシア                 22名        0名
ネパール                     1名        0名
カナダ                         8名       0名
カンボジア                  1名       0名
スリランカ                  1名       0名
ドイツ                         16名       0名
アラブ首長国連邦        9名       0名
フィンランド               1名       0名
イタリア                      3名       0名
インド                          3名      0名
フィリピン                   3名      1名
英国                              9名     0名
ロシア                           2名     0名
スウェーデン                 1名     0名
スペイン                        2名     0名
ベルギー                        1名     0名
エジプト                        1名     0名

やはりアジアでの感染者が増加しています。もう、感染拡大を止める手立てはないのでしょうか?

新型コロナウイルスの日本での感染確認までの状況

千葉県で、感染が確認された70代の女性の感染確認までの状況についてです。

下の画像をご覧ください。

14日に、発熱し翌日病院を受診するも感染が確認できず、その後多くの人が行きかう公共機関を利用しています。そして3つ目の病院でなんと6日後に発症が確認されているのです。体調がすぐれない場合は、いかなる場合も今は外出を控えることが感染拡大を抑える大きな要因だと思います。病院側も、発熱や咳を確認した場合検体採取を第一にしてほしいですね。

新型コロナウイルスについて終わりに

恐ろしいほどに感染拡大している新型コロナウイルス。自分は大丈夫かもという発想や、政府が大丈夫だと言っているという事に安心せず、なるべく多くの人が行きかう場所を避け、体調に異変があったらすぐに病院を受診してください。

 

 

コメント