トイレットペーパーデマの元ネタ内容や出所はどこから?富田優史(ツイッターゆうじ)で特定?

事件
Sponsored Link
Sponsored Link

トイレットペーパーの品薄が起きています。

理由は新型コロナウイルスの影響で「トイレットペーパーが今後なくなる」というトイレットペーパーデマが広がったためです。

広めた犯人は富田優史(ツイッターのゆうじ)という人物で特定との噂もあります。

今回は本件の概要に加え、元ネタ内容出所はどこからを調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

トイレットペーパーデマの概要

概要としてはある人がSNSにより新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが無くなるというデマを流し、それを信じてトイレットペーパーを買いだめする人が急増

トイレットペーパーが品薄となる騒動が起こりました。


地域によってはほぼ売り切れという状況が起こるなど、深刻な問題のようです。

どうもデマだと分かっていても、品薄になると変えなくなるし、早めに買っておく、という心理が働いてしまうようです。

本当に悪循環ですよね。

実際品切れを起こすことはないようで、業界団体は落ち着いた対応をして欲しいと呼びかけております。

不安な気持ちは分かりますが、正しい情報に耳を傾けるようにしましょう。

トイレットペーパーデマの元ネタ内容は?

トイレットペーパーデマの元ネタ内容はこちらになります。


内容としては下記です。

  • コロナウイルスでトイレとペーパーが品薄になるには根拠がある。
  • 製造元が中国。
  • コロナウイルスの影響で生産をしなくなる。
  • 品薄になる前に事前購入をしておいた方がよい。

こういった状況なので最もらしく聞こえますよね。

実際は日本製のものがほとんどで、在庫も十分あるとのことで、全くのデマだったようです。

品薄の状況を好機ととらえて、転売で稼いでいる人もいるようです。

もしかしたら、転売目的でこういったデマを流したのかもしれないと言われております。

もし事実だとしたら、人としてどうかなあと思います。

みんなが新型コロナウイルスに対して何とかしようと奮闘しているところに、こういったデマを流し、いらない混乱を招いてしまいました。

いずれにしても、悪質なデマであることは間違いないでしょう。

トイレットペーパーデマの出所はどこから?

トイレットペーパーデマの出所はどこからなのでしょうか?

出所は犯人と思われる人物のツイッターやfacebookなどのSNSからです。

内容はどれも「中国が生産しなくなるから品薄になる」という世間の不安を利用して購買を煽るようなものです。

本件については怒っている人が多く、瞬く間にSNSの発信源を特定するに至りました。

いったい誰が犯人か見ていきましょう。

トイレットペーパーデマ犯人は富田優史(ツイッターゆうじ)で特定?

トイレットペーパーデマを発信した犯人は富田優史(ツイッターゆうじ)さんで特定と言われております。

理由はツイッターの投稿の住所と、facebookでの住所や投稿内容が一致している点が一番大きいです。

問題となった投稿についてツイートもfacebookの投稿も削除されているのも怪しいですよね。

加えて、インスタも特定されているようです。

顔出しされておりますね。

また、富田優史さんは転売をやっているとの情報もあります。

今回の騒動でトイレットペーパーを高く売るみたいなことをやっていたのでは?と怪しむ声もあります。

ただ、事実はつかめておらず、憶測になります。

トイレットペーパーデマについて終わりに

本件は混乱に乗じて世間を煽るという非常に悪質なものだと思います。

金銭目的であったのであれなおさらです。

毎度思いますが、SNSの情報発信力はすさまじいですね。

たった一人の発言からここまでの騒動まで発展してしまうので。

目上の人との会話などでは自然と「これを言ったら相手はどう思うだろう?」と考えることができますが、SNSだと「自分一人が発信したところで大した影響はないだろう」と思ってしまうところがあるのだと思います。

だからこそ軽はずみな投稿をしてしまうのでしょうね。

そこが落とし穴だと思いますので、普段の人とのかかわりと同じように、「これを投稿したらどうなるか?」ということを考えることが大事だと思います。

今回の件で本人は懲りたことでしょう。十分バッシングも浴びたようですし。

一方で、デマと分かっていてトイレットペーパーを買い占めた人もどうかなあと思います。

本当に必要な人が買えなくなるわけなので。

ただ、こればっかりは止めるのは難しいとも思います。

自分の身が一番かわいいですもんね。

恐らくトイレットペーパーデマについてはすぐ収束すると思いますが、今後の動向にも注視していきましょう。

コメント