ニュース

クリスチャンコールマンのスタートダッシュが早い!走り方(フォーム)や60mや動画についても!

クリスチャンコールマンの走り方(フォーム)は?

日本人の方でクリスチャン・コールマンさんの走りを徹底分析されてる方がいらっしゃいました!

【世界のトップアスリートから学ぶ】クリスチャン・コールマン

動画を参考にまとめさせて頂くと、クリスチャン・コールマンの走りにはいくつかの特徴があることがわかりまた。

・バランス良くブロックを蹴ってスタートを決めている

・飛び出す瞬間の身体の角度が45度と最も理想的なフォーム

・はじめの一歩を出した次の足が前に来るまでのスピードがもの凄く速い

・スネの角度も身体同様45度と最も理想的なフォーム

・後ろにある足の膝は伸ばしきる前に地面から離す

・つま先はあげたまま無駄な軌道を通らないために足首の角度は固定しておく

・感覚として、地面を蹴って進むというより早く次の足が前にでるように意識する

これが、クリスチャン・コールマンさんの特徴です。特徴というよりは、理想的なフォームの実現が正確に出来ているということですね!しかし、いくら理想がわかっていても実現できるか否かは本人の努力と才能にかかっていますよね。私も全身全霊をかけてトレーニングしたら、クリスチャン・コールマンさんのようになれるのかな?なんて妄想してみましたが、妄想の段階で挫折してしまいました笑。

クリスチャンコールマンは60mの世界記録保持者!

ロンドン世界選手権100メートルでは、見事銀メダルを獲得したクリスチャン・コールマンさんですが、当時日本での知名度が低くロンドン世界選手権の番組内では、アメフトから転向してきたぽっと出の選手?という扱いだったそうです。

しかし、本当は幼い頃から陸上競技に取り組んでいて、アメフトは高校時代のオフシーズン中にやっていただけだそうです。ポジションはディフェンスバックとワイドレシーバーだったそうです。日本のメディアは、少々誤解を招くような報道だったところもあったようです。

しかし、翌年の世界屋内選手権で60メートル6秒34という世界記録をだしてから、日本での注目度や報道についても変わったんだそうです。そして今では、日本国民にもアメフトではなく陸上選手として注目されるようになりました。

 

Twitterを見ても、今注目されている人物ということは間違いないでしょう!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください