ニュース

クリスチャンコールマンのスタートダッシュが早い!走り方(フォーム)や60mや動画についても!

クリスチャンコールマンの試合結果は?

主な成績

2007年:AAU National Championship走幅跳優勝

2014年:ジョージア州選手権100メートル優勝・200メートル優勝

走幅跳優勝・4✕100メートル優勝

2015年:パンアメリカンジュニアゲームス100メートル3位

2016年:SEC indoor Championship60メートル優勝200メートル2位

2016年:全米選手権(五輪代表選考会)100メートル6位

2016年:NACAC Under-23 Championship4✕100リレー優勝

2017年:ロンドン世界選手権100メートル2位・4✕100メートルリレー2位

2018年:世界室内60メートル優勝

自己記録

60メートル6秒45

100メートル9秒82

200メートル19秒85

300メートル33秒26

走幅跳7メートル15センチ

60メートルを6秒45で走るということは、単純に1秒少しで10メートル進むってことですよね?え?そんなこと出来ます?でも実際に記録として残ってるわけで・・・と、一瞬頭が混乱してしまいました。今まで誰も出来なかった事が出来るとは、本当にクリスチャン・コールマンさんは凄い方ですね!

クリスチャンコールマンについて終わりに

 

クリスチャン・コールマンさんは、ドーピング検査を3度受けなかったそうで、一時は東京オリンピック2020に出場停止処分を科せられる可能性があったそうですが、その後検査を受けられなかった期間の訴えが通り無事出場が決まったそうです。こんなに優秀で若い選手なので、今後は疑われることのないように、ドーピング検査はきちんと受けて欲しいですね!東京オリンピック2020での活躍を応援したいと思います!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください