ニュース

黒川弘務の接待賭け麻雀相手記者Aは誰で自宅住所場所はどこで特定?家族についても

黒川弘務の接待賭け麻雀相手記者Aの自宅場所はどこで特定?

賭け麻雀をした場所は記者Aの自宅マンションのようです。

立地的には東京の可能性が高いと思います。

かなり色々な写真が撮られておりますが、場所を特定するほどの情報は今のところ無いように思います。

もしかしたら写真を見てピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

黒川弘務へ政権からの対応は?

長期政権をもくろむ安倍政権は、政権との実務交渉を担っていた黒川さんの危機管理能力を非常に高く評価していました。

検察庁法では、「検察官の定年を原則63歳、検事総長は65歳」と定めていますが、今回異例の定年延長ということで話題になりました。

検察官の定年を段階的に65歳に引き上げ、内閣が認めれば定年延長を最長で3年まで可能にする検察庁法の改正案が、5月8日から、国会で審議入りしました。

野党の反対を押し切って、与党が強引に審議を進めようとしていることに反対して、5月9日夜から10日にかけて、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグをつけた投稿がツイッターで大きく広がっています。

そんな中今回の報道でより印象は悪い方向に進んでいくかと思います。

政権はもう検察庁法改正案を取下げて懲戒免職に話を進めていって印象の回復を測った方がいいかもしれませんね。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください