エンタメ

モデル雅子(大岡雅子)の死因の病気はがん?旦那や子供や本や画像情報なども徹底調査!

モデルとして活躍していたモデル雅子さん

本名は大岡雅子さんというのですが、死因は病気のがんではないかといわれています。

大岡雅子さんには旦那さんと子供はいたのでしょうか。

さらに、本を出版していたという噂もありますが、どのような本を出版されていたのでしょう。

モデル時代の大岡雅子さんの画像や気になるプロフィールなどについて調査してみました。

モデル雅子(大岡雅子)の死因の病気はがん?

大岡雅子さんは2015年1月29日に亡くなられているモデルです。

モデルだけではなく女優もやっていたそうで、コラムやエッセイなど幅広くお仕事をされていました。

大岡雅子さんの死因はいったいなんでしょう。

調べてみたところ、死因は肺動脈肉腫による多臓器不全のようです。

肺動脈肉腫とは一体なんなんでしょう。

 

肉腫、というのは皮膚や骨、脂肪、血管などにできる悪性のがんのことです。

肺動脈肉腫という死因は、肺動脈の部分に悪性のがんができたことでおこってしまったがんのようです。

そのため、肺動脈肉腫にかかってしまった大岡雅子さんはがんが臓器にまで転移してしまい、多臓器不全を起こして亡くなられました。

肺動脈肉腫は希少がんともいわれており、とても珍しいがんのようです。

希少がんだとわかった大岡雅子さんは手術を受けましたが、その後再発。

50歳という若さでこの世を去りました。

 

希少がんは10万人に1人、2人しかいないといわれるほどかなり珍しいがんのようです。

血液検査でも見つけることが極めて困難な病気のようです。