津久井教生は病気で入院?妻(嫁)や子供(息子)など家族や今後や復帰時期なども!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

声優の津久井教生(つくいのりお)さんが病気で入院していましたが、検査の結果、10月1日に難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」であることが判明しました。

いったいどういうことでしょうか?

今回は病気のことに加え、津久井さんの家族である妻(嫁)子供(息子)について、また今後復帰時期について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

津久井教生(つくいのりお)のプロフィール

まずは津久井教生さんのプロフィールを見ていきましょう。

  • 芸名:津久井教生(つくいきょうせい)
  • 本名;津久井教生(つくいきょうせい)
  • 年齢:58歳
  • 生年月日:1961年3月27日
  • 身長:164cm
  • 体重:62kg
  • 大切なもの:家族
  • 所属事務所:81プロデュース

有名な声優さんで代表作はNHK教育のニャンちゅうですね。

他にはおばけのホーリーアリスSOSガンダムシリーズ、さらに特撮の怪人役なども担当しました。

人から怪物までできる幅広い声優であり、多くの方の親しまれております。

津久井教生は病気で入院?

津久井教生さんはの病気や入院について見てきましょう。

8月23日から違和感を覚えて検査入院していたようです。

SNSでは元気にふるまっておりましたが、一日に5回点滴を打つことや、入院が長いことなどで心配されておりました。

そういうこともあり、著名人のお見舞いなどもありました。

そして9月20日に退院して、通院に切り替えとなりました。

完治したのか?と思いきや現状歩行困難など、症状が重いことをSNSで報告しています。

この時点でいったいどうしたのだろうと心配になりますよね。

そして、10月1日に自身のブログで難病の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」であることを公表しました。

「4週間における検査と検査治療入院の結果、『筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)ALS』と診断されました」と病名を明かした。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

この公表に多くの方が衝撃を受け、今後のことについて心配しております。

津久井教生の今後や復帰時期は?

津久井教生さんの今後や復帰時期について見ていきましょう。

まず今後は外来の入院を続けて治療方法を模索していくようです。

ALSは難病で特効薬がなく、個人によって症状も異なるので手探りの治療になるようです。

非常にきついて状況だと思いますが、津久井教生さんはポジティブにふるまっていて、本当にかっこいいと思います。

復帰時期については明らかにしておらず、まずは治療に専念というところです。

現状は声は無事とコメントしておりますが、仕事復帰というレベルではなく、治療優先になるものと思われます。

とにかく、治療を進めていくという状況ですね。

津久井教生の家族は?

津久井教生さんはプロフィールの大切なものに書いてある通り、家族がいらっしゃいます。

今回の難病もご家族の協力無しに進めていくのは難しいようです。

続いてご家族の詳細について見ていきましょう。

津久井教生の妻(嫁)は?

津久井教生さんの妻(嫁)の情報を見ていきましょう。


公表されている情報はなく、SNSで津久井教生さんが投稿した誕生日の情報くらいですね。

津久井教生さんは家族を溺愛しているところから、恐らく奥さんもきっと素敵な方でしょうね。

津久井教生の子供(息子)は?

津久井教生さんの子供(息子)はツイッターアカウント「つくつく」さんです。

父親の病気について公表しております。

ツイッターではとにかくゲームや遊び、グルメの投稿が多いです。

仕事は不明ですが、サラリーマンのようです。

自由に生きて不労所得を得たいという願望をもっているようです。

どういう風にして稼いでいくのか気になる方ですね。

ツイッター投稿頻度は多いので興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

津久井教生のツイッターやfacebookの反応は?

津久井教生のツイッターやfacebookの声を集めました。

津久井さん、三月の不調から、あらゆる検査、、本当に心身ともに不安な中大変だったと思います。コメントさせていただくのもメッセージを送るのも業界人じゃない私が…なんて変に遠慮しちゃってました…
津久井さんが少しでも心穏やかに生活できることを心より祈っています。
毎日子どもたちとニャンちゅう見ていて毎日津久井さんを感じています!パワー送ります。

出典:facebook

医学は日々進歩しています。
薬の開発もしているはずです。
治験も始まったようです。

出典:facebook

多くの方の励ましたの言葉、心配する声があります。

皆さん津久井教生さんが元気になるのを願っております。

津久井教生について終わりに

津久井教生が今後どう治療していくかは手探りの状況です。

とにかく治療に専念していくしかない状況です。

早く治って欲しいですが、家族の支えやファンの皆さんの声が何よりの励みになると思います。

今後も津久井教生さんを応援していきましょう!

コメント