堂安律の兄弟はどんな人?ファンを惹き付ける魅力は半端なし!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

プロサッカー選手として活躍し、サムライジャパンを今後盛り上げていくことが期待されている”堂安律さん”。

ガンバ大阪からオランダチームに移籍し、注目度は増すばかり。そんな堂安律さんには兄弟のがいて、共にプロサッカー選手としてプレーしています。

当記事では、堂安律さんの兄弟はどんな人か、堂安律さんの出身学校、さらに移籍後の状況について解説していきます。

堂安律の兄弟はどんな人?

堂安律さんの兄弟は”堂安憂さん”で、プロサッカー選手として名高く知られています。

1995年12月14日生まれの23歳(2019年時点)で、若きプレイヤーです。

堂安憂さんは、2018年からJリーグのAC長野パルセイロに所属して奮闘しています。

View this post on Instagram

恒例だから😆 パル感の堂安😊 #堂安憂

A post shared by Kiyoshi (@daigorou_flyfisher) on

本当に体育会系!?と言わんばかりのカッコ可愛い表情を見せている堂安憂さん。笑顔とはにかみ具合がとっても可愛い!と、女性ファンもじわじわと増加中なのだとか。

それも、妬んでしまうほどのイケメンっぷりなので、納得もできるというものですね。

その活躍は紙面や各メディアでも報道されていて、その注目度は高まるばかりです。

そんな堂安憂さんのキャリアは、

  • セレッソ大阪西U-15
  • 創造学園高等学校
  • びわこ成蹊スポーツ大学

となっており、MF(ミッドフィールダー)として第一線で活躍しています。

芸術的なペナルティーエリア外からのロングシュート炸裂シーン!兄弟で、共にプロとして活躍するというのは素晴らしいものですね。

堂安憂がプロ初ゴールを決めたときも、紙面でも大々的に報道され、賑わいがしっかりと確認できました。

斬新なゴールにはあっぱれと思わず声をあげてしまうものです。

時代を変えるサッカープレイヤーに今後なっていくのか、期待感に胸が高まるばかりです。

 

 

堂安律の出身高校や経歴は?

堂安律さんは、地元でもある尼崎市立・小田南中学校に入り、のちに追手門学院高等学校へと進学しています。

しかし、学業との両立は難航していたのでしょうか。サッカーへの情熱がたぎることからか、完全に一点集中するために、向陽台高校へ編入しました。通信制の高校ですね。

好きに勝るものはないということを、実績とともに業界とお茶の間に見事に見せつけてくれた堂安律さん。猛々しいオーラが出まくっています!

キャリアも、中学からのジュニアユースから、納得の実績が確認できます。

ガンバ大阪ジュニアユース

  • 関西サンライズリーグ:3回(2011年 – 2013年)
  • JFAプレミアカップ:1回(2012年)
  • 日本クラブユースサッカー選手権:1回(2012年)
  • 高円宮杯全日本ユース選手権:1回(2012年)

ガンバ大阪ユース

  • 高円宮杯プレミアリーグWEST:1回(2015年)

引用元:wikipedia

この屈託のない笑顔!中学・高校時代の写真をもっと見てみたいものですね。

ちなみに、堂安律さんはジュニアユース時代の2012年。史上初ともなる”U-15年代全国3冠”を果たされました。

それでいて、努力を怠ることなく邁進していっている姿には、多くの方が圧倒されたのではないでしょうか。

彼の表情は、みんなに勇気を与え、日本のサッカー界を今後さらなる発展へと導いてくれそうです。

堂安律の移籍先は?

堂安律さんは、オランダ1部・エールディヴィジのフローニンゲンへと移籍しています。

ガンバ大阪からの移籍後、はや1年が経過していますね。

オランダ・フローニンゲンにて活躍する日本代表のMF・堂安律さんの動向には、世界各国も注目しており目が離せません。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

マンチェスター・シティをはじめとした堂安律さんを獲得したいという情熱は、さらなる白熱を見せそうですね。

契約金にこだわるのではなく、自分がいかにして成長して、サムライブルーでの成果をあげるか。サッカー熱を本邦のサッカーキッズやのちの世代に伝えていくか、そこに重点を置いているかのように見えます。

オファーから各メディアからの取材。そして日々のMFとしての技術の研磨。課題がたくさんあり、なんでもそつなくこなしていく姿には圧倒されるものがありますが、プレー中の怪我には十分に注意して欲しいですね。

活躍する舞台でステップアップすればするほど、リスクもついてまわってきます。

コンディションは万全を期した状態で、安全にプレーしてほしい。

それは多くのサポーターや国民が願っていることです。

 

 

終わりに

堂安律さんの兄弟でお兄さんにあたる堂安憂さんはプロサッカー選手として、JリーグのAC長野パルセイロで奮闘中。爽やかな笑顔のイケメン選手でしたね。

弟の堂安律さんも、日本のサッカー界をけん引していくであろ貴重なミッドフィールダー。ガンバ大阪からフローニンゲンへ移籍しても、なお各国の強豪チームからオファーを受けていて第一線で大活躍しています。

在学していたジュニアユース時代からも、数々の実績を残してきたこともわかりました。特に、U-15年代全国3冠を史上初で達成させたという”偉業”にも驚愕です。

兄弟の二人三脚でサムライジャパンをさらに盛り上げ、次回のワールドカップでその姿を見れるよう今から期待したいものです。

コメント