芦屋小雁の元嫁(前妻)は斉藤とも子?自宅コレクションや兄弟やべっぴんさんや離婚理由なども!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

今回は9月19日に爆報theフライデーで紹介される芦屋小雁さんについて、

元妻(前妻)の斉藤とも子さんとの離婚理由自宅コレクション兄弟奥さん、そしてべっぴんさんの出演について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

芦屋小雁(あしやこがん)のプロフィール

まずは芦屋小雁さんのプロフィールを見ていきましょう。

  • 芸名:芦屋小雁(あしやこがん)
  • 本名:西部秀郎(にしべひでお)
  • 年齢:85歳(2019年9月時点)
  • 生年月日:1933年12月4日
  • 身長:155cm
  • 体重:74kg
  • 妻:勇家寛子
  • 出身:京都府京都市
  • 職業:喜劇俳優、タレント
  • 事務所:小雁クラブ、さち子プロ

元々は漫才師で兄・雁之助さんや大村崑さんと共に活動していたようです。

西部三兄弟として人気を博していたようです!

1970年(30代後半)あたりからテレビドラマなどに出演など本格的な俳優活動を始めたようです。

現在の小雁さんのユーモアさはお笑い界で長くいたことによるのでしょうね。

お笑い界の経験を生かされ本も出版されております。

そういった小雁さんですが、2018年12月7日放送の爆報theフライデーで認知症を患っていることを公表しました。

これまで通り仕事をするのが難しく、介護が必要なレベルで深刻な問題です。

妻の勇家寛子さんが全面的にサポートに回っているようで非常に大変なようです。

そんな状態ですが、小雁さんは「亡くなるまで仕事をしたい!」と話しているようです。力強いですね。

寛子さんは大変な思いをしながらも、小雁さんの強い気持ちを感じ取り、応援したいと思っているのだと思います。

お体に気を付けて頑張って欲しいですね。

芦屋小雁の元嫁(前妻)は斉藤とも子?

芦屋小雁さんの現在の妻は勇家寛子さんですが、元嫁(前妻)は女優の斉藤とも子さんです。

斉藤とも子さんは女優として活動されていますが、 20年前に福祉関係の勉強を始め、現在では大学の教授や介護施設での仕事をやっているようです。

福祉関係の仕事に携わろうと思ったのは、斉藤のお母さんが亡くなる時に、多くの母の知り合いの高齢の方に助けられ、これから出会う高齢の方に恩返しをしたい考えたためのようです。

美しい話ですね。

一方、芦屋小雁さんは、厳密に言うと、斉藤さんの前にもう一人結婚相手がいたようです。

よって、離婚歴2回ということになりますね。

芦屋小雁の自宅コレクションが離婚理由?

次に芦屋小雁さんの元嫁(前妻)・斉藤とも子さんとの離婚理由は自宅コレクションという噂があります。

芦屋小雁さんは漫才師として活躍していた1960年代(30代頃)からホラー映画にはまっておりました。

映画監督になるという意気込みで、映画をなんと500本も集めていたようです。

それがSFやホラー系がメインであったため、斉藤とも子さんが怖いのでやめて欲しいと泣いて芦屋小雁さんにお願いしたようです。

確かに想像しただけでも怖いですね。

結局、芦屋小雁さんが折れてコレクションを処分したようです。

これは苦渋の選択で、後年ではこのコレクション処分を後悔しているようです。

その後、1995年に斉藤とも子さんと離婚し、1996年に現在の妻の勇家寛子さんと結婚します。

世間ではホラー離婚などと報道されておりましたが、それはあながち間違いではなく、嫁に言われたからと言って、自分の大好きな映画をやめる必要はあるのか?と疑問に思っていたのではないでしょうか?

そこから心が離れて、勇家寛子さんという素敵な女性に出会ったことが離婚原因な気がします。

離婚してから再婚の1年はずいぶん短いですもんね。

芦屋小雁の兄弟は?

芦屋小雁さんはwikipediaの解読に苦労しましたが、4人兄弟です。

  • 長男:不明
  • 次男:雁之助(2004年4月7日・72歳没)
  • 三男:芦屋小雁
  • 四男:芦屋雁平(2015年12月11日・76歳没)

四男の雁平さんも俳優でした。

長男は京都の交通局に勤務し、職場の劇団に関わっていたようです。

皆さん少なからず演劇などの芸に携わっていたということですね。

芦屋小雁の奥さん(勇家寛子)は?

芦屋小雁さんの奥さんは女優の勇家寛子さんです。

テレビでは大奥や暴れん坊将軍など時代劇への出演がメインですね。

また、舞台にも出演されました。

女優の経験を活かし、方言や所作の指導もしておりました。

今は旦那の小雁さんとの時間を大事にしているようですね。

芦屋小雁はべっぴんさんに出演

芦屋小雁さんはべっぴんさんに出演し、美幸の育ての親であるおじいちゃんの光太郎を演じました。

芦屋小雁さんをご存知ない方も演技を見てこの素晴らし演技を見てるおじいちゃんは誰なの?と気になっていた方も多いようです。

小雁さんの生え抜きの関西人の雰囲気と人間味のこもった演技に心動かされたのでしょうね!

芦屋小雁について終わりに

芦屋小雁さんは元々漫才師から入り、最終的には俳優メインとなりました。

三度の結婚や認知症を患うなど波乱万丈な人生ですが、最後まで仕事をやり続けたいという心意気はかっこいいと思います。

無理をせず頑張って欲しいですね!

コメント