エンタメ

ナンシー/ジェリージャックス夫妻(ワシントン/エボラウイルス研究者)のプロフィール!子供など家族や今現在についても!

エボラウイルスといえば、アフリカなど熱帯地域で大流行している感染症として知られています。

そんなエボラウイルスは、かつてアメリカのワシントンで大流行したことをご存知ですか?

その恐ろしい出来事は、小説「ホット・ゾーン」に描かれ、ドラマ化もされました。

小説は、あのスティーブン・キングが「人生の中で最も恐ろしい読み物の1つ」と評するほどです。

ナンシー/ジェリージャックス夫妻は、当時エボラウイルス研究者として最前線で活躍した人物です。

今回は、そんなジャックス夫妻のプロフィールや、子供など家族について、さらには今現在についてまとめました。

1989年にアメリカワシントンで起きたエボラウイルス襲来の概要

致死率90%、10人中9人が亡くなってしまうほどの威力を持つエボラウイルスは、1976年に初めてアフリカ大陸で発見された感染症です。

1989年、アフリカからアメリカ・ワシントンへ輸送されたサルが大量死する事件が起こります。

当時、アメリカ陸軍感染症医学研究所に勤務していたナンシージャックス中佐は、サルの死因がエボラウイルスであることを突き止めます。

ドラマ「ホット・ゾーン」では、ナンシージャックスさん本人が番組制作に携わっており、その当時のリアルな状況が描かれています。

当時、まだエボラウイルスについての知識が乏しかった中、ナンシーの意見は上司や同僚に否定されてしまいます。

それでも何とか説得をして、夫ジェリーとともにウイルスに感染したサルの処理など危険な任務を遂行します。

危機的状況を受け身ではなく、自らが起点となって解決に導く姿は本当に勇敢であると思います。

加えて、真実を見抜く力を持ち合わせており、聡明な方なのだなあとも感じます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください