エンタメ

英月(京都/住職)は元CMモデル尼僧の阿弥陀ビーム?若い頃や彼氏や経歴についても!

英月(えいげつ)さんをご存じですか?

京都にあるお寺の住職の方です。過去に色々な経験を経て住職になったそうです。銀行員や元CMモデルとしてもご活躍されていたそうなのです。英月さんといえば尼僧の阿弥陀ビームだそうなのですが、いったいなんの事なのか気になったので調査していこうと思います!若い頃や彼氏や経歴についてなども、ツイッター・インスタ・FacebookなどのSNSを参考に一緒に調査したいと思います!

それでは早速見ていきましょう!

英月(京都/住職)は元CMモデル阿弥陀ビーム?

冒頭でも書いた通り、英月(えいげつ)さんは初めから住職だったわけではありません。

京都の大行寺(真宗佛光寺派)というお寺に生まれた英月さんでしたが、短大を卒業後、銀行に就職したそうです。しかし、娘の結婚を強く望んでいた英月さんの母から何度もお見合いを勧められたことが嫌になり、家出をする勢いで渡米したそうです。渡米した英月さんでしたが、金ナシ・友ナシ・仕事ナシ・語学力ナシと、本当になにもない状態で、はじめはとても苦労したそうです。しかしその後、北米唯一の日本語ラジオ放送「サンフランシスコラジオ毎日」でパーソナリティーを務めることになり、広く日系社会と係わるようになったそうです。そして、北米のテレビCMモデルとしても数多く出演をするようになったそうです。

英月さんは短大生の頃、KBS京都テレビで、お天気お姉さんを務めていたそうなので、昔から人が周りに集まってくるような素敵な方なんだろうなぁと思いました。

気になる『阿弥陀ビーム』ですが、どうやらウルトラマンのようにビームを発射する訳ではないようです。人はどう生きればよいのか。海外で人生経験を積んだ英月さんの思いが込められた言葉だったようです。英月さんがおっしゃっていたことを調査いたしましたので見ていきましょう。

英月さんのお言葉

「生きとし生けるものをみな救おうというのが阿弥陀様の本願。すなわち阿弥陀ビームを私たちは毎日浴びていて、救われているんですよ。

例えば、誰かに営業成績を抜かれて、出世競争にも負けて悔しい。そんな時はこう考えて下さい。『阿弥陀ビームがあるんだから、成績抜かれたぐらいなんだ。俺は大丈夫だ』と。営業がダメでも、他部署で活躍できるかもしれないし。

不安な気持ちというのは、自分を否定するもの。でも、阿弥陀様の本願というのは、『絶対にあなたを助けてやる』という“絶対肯定”なんです。こういう存在って、他にはないんですよ。こんないい加減でダメな自分さえもいつも守ってくれる阿弥陀様がいる。阿弥陀ビームがあれば不安なんてなんにもないはずです」

なるほどですね。私はピンチになると神様仏様助けてなんて都合よく思う時がありますが、阿弥陀様とはピンチヒッターなのではなくいつも私たちに寄り添ってくれている絶対肯定の存在だとわかりやすく教えて下さっているのですね。困ったときの神頼みはやめて、阿弥陀様はいつも守ってくれているのだから私は大丈夫だと自信を持って生きてみようかなと思いました!

英月さんがお話されているYouTubeがありました。

こちらでも、信じる事の大切さより信じてもらえていることに自信を持っていいと語ってくださっています。深いですね!!

英月の若い頃の画像は?

家出をするように渡米した英月さんでしたが、はじめは家賃すら払えない生活を送っていたそうで、語学学校の受付、カフェやレストランのウェイトレスなど、あらゆる仕事をかけもちししていたそうです。CM出演もはじめはロケ弁が目当てだったそうですよ笑。

その頃のお写真がこちらです。

しゅっとした顔立ちで、若い頃から色白でお綺麗な方のようですね!

恐らくもう少し後の写真なのですが、髪を下ろしている姿がお美しかった写真も載せておきます。

こちらもお美しい・・・!

実は僧侶になったのも、アメリカでビザが欲しかったからだそうです。「宗教活動家ビザ」欲しさに、渡米した1年後に一時帰国し、出家得度を受けて正式に僧侶になったんだそうです。アメリカで生きていくための手段だったようですね。しかし、語学学校で受付の仕事をしている際、月に1回ボランティアで写経の会を開くようになり、自らも得度して僧侶となった英月さんの親しみやすいお経の解説は大変好評で故郷を離れた日本人だけでなくアメリカ人の方をも癒す場になっていたそうです。英月さんはその活動の中で「人々の心の拠り所となるようなお寺を作りたい」と心から住職になりたいと思うようになったそうです。その後アメリカで色々活動をしていたそうなのですが、英月さんが45歳の時、父の後を継いで住職になったそうです。

なぜアメリカの生活を捨てて帰国し住職になったかというと、そこにはお寺を継ぐことになっていた弟の存在が大きく関わっていたそうです。英月さんは「たかだか見合いくらいで家出をした自分が・・・」と、自らの身勝手を思い返す出来事があったそうで、詳しくは語られていませんでしたが、そこで英月さんは日本で住職として生きる決心をしたそうです。

英月の彼氏や結婚情報は?

20代の頃は、早く結婚してほしいという母の勧めでなんと僧侶と35回もお見合いをさせられたんだそうです。確かにそんなに多くお見合いさせられたら逃亡したくなる気持ちもわかります汗。英月さんが日本を離れて8年後、母への気持ちは変わっていったそうです。アメリカでさまざまな経験をした英月さんは、あれも母の愛情だったのだと理解を持つことが出来たそうです。一方母も、「私なりに精一杯娘を育ててきたつもりだったが、あの子には負担だったのでしょうね」と今は娘の気持ちを理解しているそうです。

英月さんは現在も独身のようです。

彼氏について調べたのですが、そのような情報は残念ながら見つかりませんでした。

しかし、諦めるのはまだ早いです!

魅力溢れる英月さんが、なんと近々テレビ番組に出演するそうです!

「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日放送)

2020年2月29日(土)

PM10:10~

★激レアさん①★
(親の勧めで35回連続お坊さんとお見合いしたけど、ぜんぶ断り続けた人)

ご本人のインスタでも告知されてました!

もしかすると、番組内で恋人の話があるかもしれませんね!

英月のお寺はどこ?

英月さんは、真宗佛光寺派の大行寺で住職をしておられます。

佛光寺の外観と地図から見ていきましょう。

外観

地図

続いて、英月さんが住職をされている大行寺です。

外観

地図

英月さんにお会いできる可能性が高いのは、大行寺だと思いますが、どちらも徒歩で行ける距離なのでお寺巡りをしてみてはいかがでしょう?

英月さんは、とても素敵な方のようで、ツイッターにも英月さんを慕う声を拝見することが出来ました!

私も会いに行きたいなぁと思いました!

英月のプロフィール(年齢など)

名前:英月(えいげつ)

本名:佐竹英里子(さたけ・えりこ)

生年月日:1971年(誕生日は不明)

年齢:48歳~49歳(2020年2月現在)

出身地:京都府

お寺:真宗佛光寺派大行寺

大学:大阪青山短期大学

身長:173センチ

血液型:A型

ツイッター

インスタ

インスタのお写真は風景やお食事などが多かったのですが、英月さんのセンスが良くどれも美しかったです。

英月さんについて終わりに

数々の経験を経て住職となった英月さんは、アメリカにずっと住む予定だったようなのですが、現在は日本で沢山の方に癒しを与える存在になっています。英月さんの思い描いていた未来とは少し違った今になっていますが、きっと英月さんは今に後悔することなく自信を持って生きていると思います。もちろん信仰心もあると思いますが、英月さん自身の持っているものに沢山の人は引き付けられているのだろうと思いました。今後のご活躍にも期待ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください