エンタメ

上田勝彦/ウエカツ水産のwiki経歴!嫁妻や子供(娘息子)など家族や情熱大陸やfacebookや湯煮や離婚についても!

魚の伝統師である「ウエカツ」こと「上田勝彦(うえだかつひこ)」さんが、3月8日23時放送の「情熱大陸」にゲスト出演をします。

そこで今回は、「上田勝彦」さんとウエカツ水産wiki風経歴と、嫁妻や子供(娘息子)など家族構成、それに加え情熱大陸に出演する内容と、Facebook湯煮とは、更に離婚がデマであるのかをご紹介します。

 

上田勝彦/ウエカツ水産のwiki風経歴

「上田勝彦」さんとウエカツ水産のwiki風経歴をご紹介します。

 

名前 上田勝彦(うえだかつひこ)

出身地 島根県出雲市

生年月日 1964年

上田勝彦さんは幼い頃より魚が好きで、長崎大学水産学部に入学をしました。

在学中にはシイラ漁を体験し、大学を休学し漁船で働きつつ日本の漁村をまわっていました。

休学してしまうほど、魚が好きなんですね。

漁村をまわって漁師たちと生活を共にしているうちに、魚に対する関心から、魚に関わる人々に関心が移っていきました。

 

1991年に水産庁に入庁して以来、南氷洋調査捕鯨や瀬戸内の漁業紛争調整、日本海資源回復プロジェクト、太平洋マグロ漁場開発などに携わってきました。

2004年には境港漁業調整事務所で資源管理計画官をし、2009年に同事務所で資源課長、様々な部署で活躍をしてきました。

漁師のような容姿で、水産庁のエリートとなったわけです。

 

2015年には50歳という若さで24年間勤めた水産庁を退職されています。

退職後は「株式会社ウエカツ水産」を立ち上げています。

日本の食卓や漁業の生産現場をつなぐ役目として活動をしており、著書も出しています。

「旬を楽しむ魚の教科書」(宝島社)や「ウエカツの目からウロコの魚料理」(東京書籍)などがありますので、興味のある方はぜひ書店で手に取ってみてください!

 

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください