エンタメ

パン君は現在2020年の今は何してる?謹慎事件事故理由やチンパンジー学習の森についても!

志村動物園で一世を風靡した雄のチンパンジーのパン君ですが、現在2020年の今は何をしてるのでしょうか?

今回はパン君の今現在や謹慎となった事件(事故)とその理由、現在パン君がいるチンパンジー学習の森について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

パン君が謹慎となった事件事故の理由はなぜ?

パン君は2004年~2011年にかけてはテレビ出演などで活躍しておりましたが、2012年9月6日に大事故を起こし、謹慎処分となりました。

 事件が起こったのは「みやざわ劇場」の公演終了直後。

舞台袖にいた女性研修員に飛びつき噛みつきました。

急いでトレーナーの宮沢厚さんが引き離しましたが、研修員は額や耳の後ろ、腰、足首などを噛まれ、ドクターへりで運ばれました。

2週間ほどの治療が必要なけがだったようです。

飼育員の人は本当に怖かったでしょう。

原因について産経新聞は「こんなことは初めてで驚いている。明確な原因は不明。ただ、チンパンジーは大人に近づくと、雌への優位性を示そうと攻撃的になることがある」と話しております。

これ以降は以前のようにパン君を開放してのショーは一切無くなりました。

これだけの事件を引き起こしたので当然と言えば当然ですね。

パン君は現在2020年の今は何してる?


パン君はショー からは引退しましたが、熊本県阿蘇市の動物園である阿蘇カドリー・ドミニオンにいて、その中のチンパンジー学習の森で仲間と共に一緒に暮らしております。

2015年には恋人ポコやんの間に子供のプリンちゃんが生まれました。

2015年の志村動物園にも紹介されましたね。

また、パン君は一般公開されているので、いつでも動物園に行けば会えます。

パン君がいるチンパンジー学習の森とは?

パン君がいるチンパンジー学習の森は2007年にオープンしたチンパンジー専用の施設になります。

始まりはパン君と恋人ポコちゃんの居住空間として作られたようですが、チンパンジーみんなが良好な環境で繁殖し、家族や群れで暮らせる生涯施設として誕生しました。

チンパンジーと人がともに楽しく学べる空間をモットーに運営しているようです。

素晴らしい思想の施設だなあと思います。

パン君のプロフィールと経歴

 ■プロフィール

  • 通称:パン君
  • 幼名:ヨウイチ
  • 生物:チンパンジー
  • 年齢:18歳(2020年4月現在)
  • 生年月日:2001年10月1日
  • 人間換算年齢:36.7歳(2018年時点)
  • 生誕地:宮崎県宮崎市フェニックス自然動物園
  • 所在地:阿蘇カドリー・ドミニオン

 

■経歴

  • 2001年に生まれる
  • 2004年に阿蘇カドリー・ドミニオンにポコちゃんと共に移される(のちのチンパンジー学習の森で生活)
  • 2004年~2011年は志村動物園、どうぶつ奇想天外のレギュラーや準レギュラーとなり活躍。
  • 2012年にみやざわ劇場で事故を起こす→ショーを引退
  • 2015年にポコちゃんとの間に子供プリンちゃんが生まれる

 

ショーを見ることはもうできないですが、今も元気に暮らしているようで良かったです。

ちなみに子供プリンちゃんのショーはやっています。

パン君の素質を受け継いでいるのかもしれまえんね。

終わりに

パン君は事件を起こして以来、ショーの出演は無くなってしまいました。

原因も定かではなく、皆が大変驚いているようです。

パン君を責めるわけではなくですが、チンパンジーは時には人に危害を加える生き物ということはよく理解しておく必要がありそうです。

一方、パン君は今も元気に暮らしておりますので、熊本県阿蘇市に行く機会があれば、パン君に会いに行くの良いかもしれませんね。

以上、調査結果でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください