ニュース

小型飛行機(セスナ機)が茨城で墜落!事故理由は?一人はなぜ無事?

10月20日11時半過ぎに茨城県かすみがうら市に小型飛行機(セスナ機/ウルトラライトプレーン)が墜落しました。

搭乗者二人の内、一人が亡くなり、もう一人はけがはなく無事だったようです。

事故理由はいったい何なのでしょうか?また一人だけなぜ無事なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

小型飛行機(セスナ機)が茨城で墜落の詳細(場所がどこかなど)

まずは事故の詳細を見てみましょう。

  • 20日午前11時半すぎ、茨城県かすみがうら市の畑に小型飛行機が墜落
  • 搭乗機の2人のうち1人が亡くなる
  • 警察と消防によると、午前11時半すぎ、茨城県かすみがうら市で、「セスナ機が墜落した。煙が上がっている」と119番通報があった。
  • 畑に墜落した小型機には2人が乗っていたが、1人が亡くなり、もう1人にはけがはなかった出典:https://headlines.yahoo.co.jp

セスナ機という通報があったようですが、セスナ機と言ったのはあくめでも通報した人です。

小型機=セスナ機ではないので、風評被害にならないよう配慮が必要です。

亡くなったのは機長の方のようです。

いったいなぜ墜落してしまったのでしょうか?

こちらが実際に墜落した飛行機の画像です。

機体がバラバラですね。

普通だと助からないように思いますが、人が無事だったようです。

なぜ一人だけ無事なのかも気になりますね。