小倉とも子のキャンプオフ会はデマ!インスタハッシュタグや募金理由はなぜ?

ニュース
Sponsored Link
Sponsored Link

9月21日に起こった山梨県のキャンプ場で起こった小倉美咲ちゃんはまだ見つかっておりません。

懸命に娘を探す母親の小倉とも子さんですが、勝手な憶測で犯人扱いされたり、美咲ちゃんの捜索に関連するインスタ投稿でお店のハッシュタグを付けたり、募金活動を行ったころに対してひどいバッシングを浴びております。

しかし、それらの憶測は全てデマで、ハッシュタグや募金活動はなぜ行ったか明確な理由があります。

また今回の集まりはキャンプオフ会という噂がありましたが、それもデマです。

いったいどういうことなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

小倉とも子のインスタグラムハッシュタグの理由はなぜ?

小倉とも子さんは美咲ちゃんを捜索中の9月25日インスタで心配して下さっている方達へのお礼のメッセージに捜索隊の馬の画像を載せて投稿しました。


ちょっとみづらいですが「#トリミングサロンBUDDY」でハッシュタグが付けられておりますね。

トリミングサロンBUDDYはとも子さんのお店です。

これに対して「子供の捜索中によく馬の画像を載せた投稿なんてできるな。」「自分の店の宣伝をするとは人間性を疑う」ひどいバッシングを浴びました。

しかしながら、この憶測は全て間違いです。

まず、馬の画像を載せたことに深い意味はありません。

たまたま捜索の様子を載せただけです。これくらいしっかり捜索してくれて心強いと思って馬を載せることがそんなにおかしいですか?

そもそもこの投稿は自分のお店を利用してくれている方や心配してくれていた友人、家族に早くお礼を言うためにしたものです。

メールや電話で一人一人対応するのは大変だし、時間がかかります。

だからこそ、すぐに多くの方に情報発信できるSNSを利用したのです。

「インスタをする暇があれば美咲ちゃんを探せ」という方、時間をかけずに多くの方に発信できるSNSを利用することがそんなにおかしいですか?

心配してくれている方にお礼を言うことがそんなに駄目ですか?

ハッシュタグはお店を利用する方達に迷惑がかからないよう、いち早く事件のことを知ってもらうためです。

宣伝目的とか人間性とか、勝手な思い付きで言う人の方がよっぽど人間性がおかしいんじゃないですか?

なぜ付けたか、とも子さんの心境になって少しは考えましたか?

早く多くの方に情報発信できる便利なSNSが、とてつもなく多くの方から言葉の暴力でたたかれる最悪の道具となってしまいました。

小倉とも子の募金理由はなぜ?

次に小倉とも子さんの募金理由はなぜかを見ていきましょう。

そもそも募金活動は10月14日に大阪の知人が始めたものです。

募金の目的は捜索を続けるための活動資金です。

美咲ちゃんがいなくなったキャンプ場の周辺は山が険しく、捜索のプロが動員されていたことはご存知でしょうか?

そういった方の活動資金やビラ配りのための資金です。

しかし、インスタの一件で世間から悪い印象を受けてしまったとも子さんはここでも叩かれます。

ひどいこと書きますよね。

それもこれも、最初に持ってしまった悪い印象をそのまま引きずっているからだと思います。

ネットが作り出す勝手な偶像のために、とも子さんはここでも苦しめられました。

小倉とも子のキャンプオフ会はデマ!

また、小倉とも子さんが参加したイベントがキャンプオフ会と噂されております。

しかしこれもデマです。

そもそもこのイベントは成田市の地域の集まりで、仲のいい家族もいたようです。

ただ、これに関しては報道もよくなかったですね。

情報が少ないがゆえに勝手な憶測が蔓延したようにも思います。

小倉とも子が犯人もデマ!

小倉とも子さんに関しては上記以外にも「夫婦仲が悪い」「美咲ちゃんは実はキャンプ場に来ていないのではないか?」「そもそも犯人は父親か母親では?」などと心無いコメントが多くあります。

ただでさえ子供がいなくて悲しいのに、こんなにひどいことまで言われて、気の毒で仕方がないです。

こういったしょうもないコメントに対して、とも子さんは「冷たい人や暇人がいるものだ」と一蹴しております。

もはや相手にしていないのかもしれませんね。

小倉とも子のプロフィール

小倉とも子さんのプロフィールを見てみましょう。

  • 名前:小倉とも子
  • 年齢:36歳(2019年11月現在)
  • 生年月日:1983年3月22日
  • 住所:千葉県成田市
  • 職業:トリマー(トリミングサロンBuDDyを経営)

現在、不幸にも台風19号の影響でキャンプ場周辺は捜索できる状況ではありません。

しかし、とも子さんは「「娘が無事に私の迎えを待っていてくれるという気持ちは変わってない。娘につながる情報を一つでも多く頂ければと思っています」とあきらめておりません。

精神的にも体力的にもかなり厳しい状況と思いますが、強いですね。

世間のバッシングはつらいと思いますが、美咲ちゃんのことを思うとそれどころではないということなのでしょうね。

小倉とも子の犯人扱いについて終わりに

本件で思ったのはまず、第一印象やネットが作る勝手なイメージは本当に恐ろしいなあと思いました。

インスタ炎上の悪い印象を今も引きずってしまっていますもんね。

世間が作り出す誤ったイメージに騙されないよう、事実を見極める目は必要ですね。

また、SNSは扱いを間違えると言葉の暴力の道具になるということも改めて考えさせられました。

ひどいことを言う側が控えるべきですが、予防のために、できるだけ反感を買わないように気を付ける必要もあるのかもしれません。

あと今回のように勝手な憶測が蔓延したのは報道の情報内容が少な過ぎたのもあったと思います。

美咲ちゃんの事件当時の写真が公開されたのは捜索が始まって何日も経ってからでしたし、キャンプの集まりに関してもどんな集まりなのか分かりにくいものでした。

こういった情報が重要な事件に関してはもう少し分かりやすい情報開示をお願いしたいなあと思います。

小倉美咲ちゃんの捜索は今も続いております。

子供がいる方なら分かると思いますが、美咲ちゃんの笑顔を見ると胸が苦しくなります。

捜索が進展することを期待しましょう。

事件の詳細や時系列での出来事については関連の記事をご覧ください。

コメント

  1. お菊 より:

    読ませていただきました。
    私は子供を産み育てた経験も無く、母親の気持ちというものはよく分かっていません。
    ですから美咲ちゃんが行方不明のニュースを見て、安直に美咲ちゃんのお父さんお母さんちょっと怪しいなぁ、、、と思っていました。
    お恥ずかしいです。

    3ヶ月経っても見つからず、先日の台風で捜索は更に難しくなることを聞いて、今回の事件のこと詳しく知りたいと思いました。
    そこで、沢山の所謂”部外者”がお母さんのことを犯人呼ばわりしているのを見て、擁護している方が殆ど居ないことにショックを受けました。
    お母さん視点の意見が殆どないんです。
    検索を続けて、ここのサイトがヒットして本当に良かったです。
    私にも美咲ちゃんのお母さんの事を疑う気持ちがあったもので。。
    もしかしたら私も同様にお母さんを批判するツイート等してたかもしれないと思うとSNSって本当に怖いですね。

    両方の意見を読ませて頂いて、
    誰が犯人であろうと、美咲ちゃんが今どこかで生きているのであれば、なんでもいいなと感じました。
    私に出来ることはお母さんを犯人呼ばわりすることでも、犯人呼ばわりしてる人を批判することでもなく、美咲ちゃんの無事を願うことだ、と。

    結局、詳細が正式に報道されているわけではないので、どの情報が正しいかは分からないですが、主さんの仰ってる事が真実であってほしいと心の底から思います。

  2. 通りすがり より:

    小倉とも子さんの叩かれを擁護するくせコメントした人を叩くここの管理人。出直せ。笑

  3. あいす より:

    いやいや、馬の画像はたまたま載せたって。笑
    理由になってない。
    子供がいる人はスーパー等で一瞬目を離した隙に子供がいなくなったという経験がある人もいると思うけど、頭真っ白になってスマホで何かを撮影するなんて行動とてもできない。
    インスタの言い訳も自分擁護ばかり。
    娘の生死がわからない状態で、あんな長文で自分擁護できるなんて、この母親は精神的にとても強いんでしょうね。
    母親が犯人だとは微塵も思いませんが、感覚がズレてる人だなーと思います。