ニュース

押谷仁の略歴経歴とプロフィール!出身高校やコロナ対策についても!

厚生労働省のクラスター対策班の押谷仁東北大学教授がコロナ対策について日本国民の皆さんにメッセージを送ったことが話題になっております。

いったいどういう内容なのでしょうか?

今回は本件の概要に加え、押谷仁さんの経歴略歴やプロフィール、さらに出身高校について調査しました。

押谷仁のコロナ対策とは?

押谷仁さんは厚生労働省のクラスター対策班のメンバーになります。

クラスター対策班は今回の新型コロナウイルスの対策について、かなり上位に位置する組織であり、まさに対策を司る組織と言っても過言ではないでしょう。

そのメンバーの押谷仁さんが国民のみんなにメッセージを送りました。

要点は下記です。

  • 欧米は医療が崩壊するレべルであるが、日本はまったくそういうレベルではない。
  • 日本は年封鎖(ロックダウン)をするレべルではない。自粛で十分なレベル。
  • ロックダウンをしたところで、すぐに大阪と東京の行き来を不可にするといったことにはならないので、過度な心配をしないで欲しい。
  • とにかく、3密(密集、密閉、密接)を徹底して欲しい。現状はそれが一番の対策である。

押井さんの見解では、日本は欧米とは状況が全く違うので、過度に恐れ過ぎないように、というところですね。