エンタメ

林真衣(クラタ)の結婚の夫旦那や彼氏は?wikiプロフィール経歴や出身中学高校大学についても

三重県多気町相可にある高級バニラチーズテリーヌ専門店「KURATA(クラタ)」のパティシエの林真衣(はやしまい)さんをご存知ですか?

元フレンチシェフでパティシエと転向した方です。

今回は林真衣さんの結婚(夫,旦那)や彼氏情報、さらに学歴(出身中学,高校,大学)などのプロフィールと経歴をwiki風でまとめました。

林真衣の結婚相手(夫,旦那)や彼氏情報

林真衣さんの結婚相手(夫,旦那)や彼氏情報を見ていきましょう。

林真衣さんはつい最近ですが、松阪市のフレンチ店でシェフをやっていた頃に結婚されています。

旦那さんがどんな方かは今のところ公表されておりませんが、10月19日に放送のセブンルールで放送されると想像しております。

予告画像に映っていた下記の方が旦那さんかもしれません。

優しそうな方ですね。

 

さて、更なる情報が無いかSNS(ツイッター,インスタグラム,facebook)もチェックしましたが、林真衣さんのプライベートのアカウントは無く、全てKURATAの公式アカウントとして運用されておりました。

 

 

 

View this post on Instagram

 

KURATA(@kurata.mai)がシェアした投稿

 

 

よって林真衣さん自身のプライベートの情報は見えてきません。

(強いて申し上げるなら、SNSはインスタグラムが一番力を入れているようですが。)

関連情報として、彼女の女性の働き方についての考え方や生き様が興味深かったのでご紹介します。

林真衣さんはフレンチ店で働いている時に、結婚や子育てを希望する女性が不本意ながら業界を去る姿を目の当たりにしたようです。

飲食業界は深夜勤務が当たり前で一度店を離れると復帰も難しいようです。

林真衣さんは結婚をしたわけですが、自分は仕事もあきらめたくないと思ったようです。

そこで、「仕事も家庭も両立できる方法」探し、その辿り着いた先が現在のチーズテリーヌ専門店の働き方です。

完全予約制のため、確かにスケジュールも立てやすく、結婚して家庭を持っても続けられることは想像できますね。

優秀なパティシエであることはもちろんですが、あきらめない強い心と、深い考えを持つ聡明な方という印象です。

どんな旦那さんなのかはとても気になりますね。

 

林真衣の学歴(出身中学,高校,大学)

林真衣さんの学歴を見ていきましょう。

 

  • 出身中学:調査中
  • 出身高校:三重県立相可高等学校 食物調理科
  • 出身大学:進学せず

 

中学は出身が三重県多気町で高校が三重県多気町相可なので、恐らくその近くだと想像します。

三重県立相可高等学校食物調理科はご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ドラマ化もされた「高校生レストラン」の舞台となった高校生の実践教育施設「まごの店」を運営する学校でもあります。

林真衣さんは高校2年生の時に職場体験で受け入れてくれた伊勢神宮外宮前にある老舗フレンチレストラン「ボン・ヴィヴァン(伊勢市本町)」の河瀬毅シェフに出会ったことで人生が変わったと話しております。

そして、卒業後に河瀬毅シェフの下で料理を学びたいと思い、そのままボン・ヴィヴァンに就職したようです。

ちなみにボン・ヴィヴァンは食べログ評価も高く、現在でも非常に人気のある有名店です。

林真衣さんは料理が好きということで何となく食物調理科に入りましたが、河瀬毅シェフとの出会いで「自分の作ったお料理を食べていただくことで多くの方に幸せになってもらいたい」と強く思うようになったようです。

河瀬毅シェフとの出会いがいかに大きいかが分かりますね。

 

林真衣のwiki風プロフィールと経歴

 

View this post on Instagram

 

KURATA(@kurata.mai)がシェアした投稿

林真衣さんのプロフィールと経歴をwikipedia風で見てみましょう。

 

  • 名前:林真衣(はやしまい)
  • 旧姓名:倉田真衣
  • 生年月日:調査中
  • 年齢:33歳(2021年10月現在)
  • 血液型:調査中
  • 出身地:三重県多気町
  • 資格:ワインソムリエ

 

高校卒業後は先ほど少し触れましたが、三重県伊勢市本町にあるフレンチレストラン「BonVivant(ボン・ヴィヴァン)」で10年間修業をします。(ソムリエ・副料理長として)

ワインは最初は1杯も飲めなかったようですが、忙しい中でも塾に通い、合格した時は周りを驚かせたようです。

とても努力家なのが窺えますね。

その後、松阪市日野町にある「和フレンチ 新上屋」で3年間シェフを務め、結婚を機に32歳で退職しました。

家庭を持っても、自分の作ったものを食べて多くのお客さんに幸せになってもらえる仕事を続けたいという思いから、パテシエという道を切り開きました。

ただ、そんなに簡単な話ではなく、チーズテリーヌの試行錯誤の回数は1000回以上にのぼったようです。

世界中のチーズを50種類以上取り寄せ、焼き方、チーズの調合などを何度も変えながら研究したようです。

そして、ついてにご自身が納得する究極のチーズテリーヌが完成しました。

林真衣さんは取材の中で、ご自身のチーズテリーヌについて次のように語っております。

素材本来の良さを最大限に引き出し、コク・甘味・酸味・香り・味わい・口溶け、すべてを考え尽くし、ついに自分の納得のいく究極のチーズテリーヌが完成した

出典:伊勢志摩経済新聞

これだけ試行錯誤して完成したチーズテリーヌ。決して安くないですが、それでも大絶賛でリピート確定という声があるので、食べてみたいですよね。

 

終わりに

KURATAの絶品チーズテリーヌ職人の林真衣さんですが、素晴らしいパティシエであることはもちろん、その生き様もとてもかっこいいですよね。

また、何と言っても大人気のチーズテリーヌは是非とも食べたいものです。

KURATAの絶品チーズテリーヌの口コミや購入方法は下記にまとめましたので、併せてご覧ください。

KURATA(クラタ/三重)のチーズテリーヌの口コミ評価!味の評判や値段についてもセブンルールなどのテレビ番組で取り上げられるようになった三重県多気町相可にある高級チーズテリーヌのKURATA(クラタ)ですが、本当に美味しいのでしょうか? 今回はそんな疑問に答えるべく、口コミ(評価)を徹底的にリサーチしました。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください