鶴田忍(俳優)のwikiプロフや経歴は?驚くべき無名時代とは?

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

今回は来週の相棒season17にゲスト出演が決定した俳優

鶴田忍さんについて紹介していきたいと思います!

実は鶴田忍さんは現在の『鶴田忍』という本名と同じ芸名を使う以前に別の芸名を使っていたことや、意外と知らない鶴田忍さんの過去の出演作が有名作品ばかりだったことが分かったのでそれについても詳しく紹介していきます!ぜひ、ご覧ください!

鶴田忍(俳優)のwikiプロフや経歴は?

名前:鶴田忍

芸名:鶴田忍(旧・嵐堪忍)

誕生日:1946年2月14日

出身:東京都

 

1963年に劇団俳優座養成所に第16期生として入所し3年後の1966年に卒業した鶴田忍さんは正式に劇団俳優座に入団決定しました。

しかし舞台『はんらん狂想曲』という作品の上演をめぐって劇団俳優座の代表でもあり演出家の千田是也さんら劇団俳優座の上層部と対立してしまいます。

結果1971年に同じく劇団俳優座に所属していた俳優中村敦夫さんや原田芳雄さんらとともに

劇団俳優座から退団しました。

こうしてみると出演作も多く人気ドラマやそのシリーズに出演することが多い鶴田忍さんの現在があるのは少し複雑な部分もありますがこの俳優座劇場の退団なしには、なしえなかったことなのかもしれませんね。

鶴田忍の旧芸名は嵐堪忍

鶴田忍さんについて調べていくうちに鶴田忍さんは本名と同じ『鶴田忍』という芸名を使用していますが以前は『嵐堪忍』という芸名だったことが分かりました。

そこで『嵐堪忍』という芸名を使っていたのになぜ現在の『鶴田忍』という芸名に変えたのか、その由来について調べてみました!

『嵐堪忍』という芸名から現在の『鶴田忍』という芸名に変更した時期や理由などについては詳しくは情報が出ていなかったため分かりませんでしたが、

芸名に関してのエピソードが見つかったので紹介します!

『嵐堪忍』という芸名を使っていた頃に出演した作品『必殺仕事人シリーズ』では

当時無名の俳優としての出演だった嵐堪忍さん(現・鶴田忍)でしたが、その後現在の芸名『鶴田忍』になってから出演作が少しずつ増え、

高視聴率のドラマや映画に出演するようになった鶴田忍さんをそこで認識したファンは鶴田忍さんが無名時代にすでにあの大人気ドラマシリーズ『必殺仕事人』に出演していたことを知り驚いたそうです!

確かに自分の応援してる好きな俳優さんが無名時代にすでに人気作品に出演経験があったら驚きますし、自分の目で確認したいなと思いますよね!

鶴田忍は人気ドラマに多数出演

鶴田忍さんの出演作について調べてみると数多くのドラマに出演していることが分かりました。

かつての劇団俳優座での演技や『嵐堪忍』として俳優をしていたいわゆる無名時代の経験の積み重ねが今の鶴田忍さんの演技力の向上につながっているのかもしれませんね。

大河ドラマに関しては2017年女優の柴咲コウさんが主演を務め話題になった『おんな城主直虎』で北条氏康の役を演じ、それ以前には2015年『花燃ゆ』では新山役、1987年『独眼竜政宗』では伊達氏の重臣で武将の亘理元宗を熱演するなど計9作品に出演しており、

大河ドラマにとどまらず連続テレビ小説では1991年『君の名は』で長島龍伍役、2011年『どんど晴れ』では佐々木正則役で出演していることが分かりました。

大河ドラマや連続テレビ小説以外にもその当時話題になった人気ドラマ『太陽にほえろ!part2』や『3年B組金八先生』それから『十津川警部シリーズ』、『浅見光彦シリーズ』などにも数多く出演、

その出演作の多さや演じる役どころから鶴田忍さんの演技力の高さや重要さがよく分かりますね!

鶴田忍についてネットの反応は?

鶴田忍について終わりに

今回は相棒season17の来週の回にシリーズでは相棒season3以来のゲスト出演が決定した俳優鶴田忍さんの基本的な経歴や現在の『鶴田忍』という芸名の前に使われていた『嵐堪忍』という芸名のエピソードについて、

 

また鶴田忍さんの過去の豪華な出演作についてわかる範囲で詳しく紹介させていただきました!

その当時話題になった人気ドラマシリーズや時代劇、大河ドラマ、朝ドラ、映画などに数多く出演していることから鶴田忍さんの演技力の高さがよく分かったのではないでしょうか。

名脇役として多くの視聴者の印象に残っている鶴田忍さんにもかつては無名時代があり、そこから地道にファンを集めて行った鶴田忍さんの演技にはこれからも多くの人が心動かされると思います

なのでこれからも鶴田忍さんの出演する時代劇、ドラマや映画作品に注目していきたいです!

コメント