エンタメ

イチローが国民栄誉賞を辞退!理由は?野球界への現役続行か

野球界に大きな功績を遺したと言われているイチローですが、なんと国民栄誉賞辞退するという発言が出てきました。

これまで二回も国民栄誉賞の受賞の話が出ているイチローですが、今回で三回目の辞退になります。

なぜ辞退するのか、理由を探ってみました。

そして野球界では現役続行するのでしょうか。

イチローが国民栄誉賞を辞退?理由は?

イチローは2019年3月に野球界から現役引退しました。

これまで二回の国民英誉賞を辞退してきたイチローですが、なぜ辞退したのか探ってみました。

 

その前にイチローのプロフィールを見てみましょう。

本名:鈴木一郎

生年月日:1973年10月22日

出身:愛知県

 

外野手であり、MLBシーズンでは最多安打記録保持者でもあります。

その安打数は262安打もあり、これはプロ野球の歴代の中でも群を抜いてトップに躍り出るほどで、すごいことだと言わざる負えません。

プロ野球界においても通算安打世界記録保持者で、これはギネスにも登録されています。

そして最多試合出場記録保持者でもあり、試合に出た数までトップというまさに誰もが知っているイチローはこういった人なんです。

 

そんなすごいとは一言では言い表せないイチローですが、過去に二度も国民栄誉賞を辞退しているんです。

2001年にマリナーズに移籍後、リーグ最優秀選手、新人王、首位打者、盗塁王と次々と記録を打ち出していた時期で、この時は「まだ若いから辞退したい」と言われました。

それからしばらくしての2004年に二度目の辞退を申し出ます。

この時は、シーズン最多安打でメジャー記録を84年ぶりに破ったことが表彰され、二度目の国民栄誉賞となりますが、この時は「野球生活を終え、本当にやりきった時にもし頂けるならば大変ありがたい」といっています。

そして今回の三度目は野球界を現役引退するというタイミングでの受賞で、これに関して断った理由は「人生の幕を下ろした時に頂けるように励みます」とのことです。

 

18年間のうちに三回も国民栄誉賞候補にあがり、それら全てを断ったイチローですが、これはイチローをよく知る人たちも彼らしいと言っています。

 

このことにプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長は「現役を辞めたから日本政府も打診したんだろうけど、彼には彼なりの考えがある」といってイチローの意見を尊重する姿勢なようです。

イチローはイチローなりの考えがあって今回の国民栄誉賞辞退を申し出たのでしょう。

果たして四度目の受賞はあるのでしょうか。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください