NGT

NGT48が解散?署名運動から分かる暴行事件の真相

NGT48の山口真帆さんが暴行されたのは2018年12月8日。それから4ヶ月が経とうとしています。NGT48の解散を求める署名運動も立ち上がり、議論が収束する気配を見せない今回の事件。暴行問題から発展し、NGT48やそれを運営する所属事務所AKS、さらにアイドルという業界について、今まで世間から見えなかった実態が明るみになり、ますますファンや聴衆から非難の声が上がっているように感じます。

今回の暴行事件について、署名運動にまで発展するほど人々の心を動かした理由はなんなのか調べてみたいと思います。

NGT48は解散?署名運動から分かる暴行事件の真相

NGT48の山口真帆さんが暴行されてから、いくつかの署名運動が行われています。それらを取り上げてみました。

NGT48グループ今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求めます。
期間:2019年1月11日~1月13日
署名数:53,614人

NGT48運営と株式会社AKSは被害者メンバーに謝罪させたことを謝罪すべき
期間:2019年1月12日頃~1月21日
署名数:5,055人

NGT48の即時解散を求めます 4000万人の署名が必要です
期間:2019年3月21日~3月25日
署名数:51人

NGT48 山口真帆さん暴行事件に関する第三者委員会の人員総入れ替えと再調査を求めます
期間:2019年3月23日~
署名数:1,200人
※募集中※

これらの署名運動からも分かるように、今回の問題点は大きく分けて3点あると思います。

事務所は事件を隠蔽していた。山口真帆さん自身が告発しなければこの事件は闇に葬られていた可能性が高い。
・暴行した犯人が釈放された。
・第三者委員会の調査報告と山口真帆さんの証言とに差異がある。

現場を見ていないので、何が正解で誰が真実を言っているのかは分かりません。しかし、この3点が問題だと思う理由があります。それは、事務所が事件を隠していたのは、世間に知られてはまずいことがあるからだと思います。その世間に知られてはまずいことこそ、解決すべき根っこの部分でしょう。また、真相が公にされていない状態で犯人を釈放したことは、被害者や被害者の家族にとってとても大きな恐怖を与えています。さらに次の被害者を生む可能性もあります。そして、第三者委員会の調査報告が疑わしいということは、国民に日本の調査の在り方について不信感を抱かせることになり、日本の平和を脅かしています。

こんなにも多くの人が署名というかたちで意志を表明していることを、NGT48の事務所や運営スタッフは受け入れ、NGT48のメンバーと一緒に事件を解明しようと努力してほしいです。そんな真剣な姿勢を見せれば、ファンが戻ってくる日も来るのではないでしょうか。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください