きよ彦の死去理由(死因)は?結婚や家族(嫁/娘)など現在までの経歴なども!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

着物デザイナーのきよ彦さんが10月28日に死去していたことが分かりました。

死因はいった何だったのでしょうか?

また、彼の結婚や家族(嫁/娘)など現在までの経歴についてもまとめました。

それでは詳しく見ていきましょう。

きよ彦が亡くなる!死因は?

きよ彦さんは10月28日の午前1時15分に病院で亡くなりました。

死因については正式に報道されておりませんが、脳梗塞の疑いがあるとのことです。

きよ彦さんは2017年末から喉から食堂の入り口にかけて咽頭がんを患っており、ステージ4だったようです。

かなり重い症状です。

以降、闘病生活を送っていましたが、手術に成功し、一時退院しました。

しかし、2019年夏に再入院して再び手術を受けて、復帰を目指していたようです。

かなり厳しい闘病生活を送っていたようですね。

ただ、非常に前向きで2020年の3月の講演の仕事に向けて「頑張るからね」と話していたようです。

かっこいいですね。

ここ最近は元気な姿でしたが、27日の夜に容態が急変し、深夜に帰らぬ人なってしまったようです。

事務所によると、脳梗塞にいたった理由についてはがんでの放射線治療により血管が弱っていった可能性があるとも言われております。

ただ、治療の一環なので致し方ないのかもしれませんね。

きよ彦は結婚して家族(嫁/娘)がいた?

きよ彦さんのは結婚して家族(嫁/娘)がいたようです。

きよ彦さんは20歳の時に結婚しましたが、奥さんは42歳で亡くなったようです。

死因は動脈瘤だったようです。

ちょうど娘さんが短大に行く前のことだったようです。

これから娘が社会人として成長していくというところで亡くなりさぞ無念だったと思います。

一方、娘だんは2012年に38歳の娘がいると報道されました。

よって、現在は45歳ですね。

娘さんは2010年に結婚されているようです。

恐らく現在はお子様もいるのではないでしょうか?

きよ彦の現在までの経歴

きよ彦さんの現在までの経歴を見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

最近たすき掛け姿お見かけしないなぁと思ってたら10月末に亡くなってた #訃報#きよ彦#着物#着物デザイナー#たすき掛け#毒舌#69歳

A(@0918keita0918)がシェアした投稿 –

通称:きよ彦

本名:大堀 清日古

没年:69歳

生年月日:1950年3月25日

血液型:O型

出身:福島県耶麻郡西会津町

職業:着物デザイナー、料理研究家など

趣味:宝塚観劇

父親が板前、母親が農家出身だったようです。

小学5年生の時に両親が離婚したようです。

つらかったでしょうね。

その後母親と妹と3人で暮らし、高校を卒業とともに上京したようです。

いわるゆ出稼ぎでしょう。

そこからサラリーマン→バーオーナー→最終的には京都の呉服問屋さんに進められて着物デザインを始めたようです。

かなりセンスがあったのでしょうね。

娘さんが短大に行く2年間毎日弁当を作ったようです。

すごいですね。

それが料理研究家になるきっかけにもなったようです。

きよ彦さんがプロデュースするお店は福島県の手打ちそば「きよ彦 花」や六本木のおでんの「まめ彦」ではオーナーを務めておりました。

晩年は着物デザインや料理だけでなく、コメンテーター、タレントしても活躍し、毒舌キャラで人気を集めました。

 

2016年の動画ですが、この時は元気そうですね。

ちなみに着物はもう注文できないと思いますが、きよ彦さんがプロデュースしたのれんは楽天で購入できるようです。

興味のある方は探してみてはどうでしょうか?

きよ彦について終わりに

きよ彦さんが亡くなったのは医療的なところではなく、一種の老衰のような気がします。

残念ではありますが、最後まで前向きだったきよ彦さんはかっこいいですね。

ご冥福をお祈りしております。

コメント