エンタメ

石川一郎/伝統工芸士は浜松屋社長で石川仁兵衛の子孫?箱根寄木細工や経歴やプロフィールについても!

豊かな色彩や美しい木目を生かした作品を作る、伝統工芸士の「石川一郎(いしかわいちろう)」さん。

石川一郎さんがは浜松屋の社長であり石川仁兵衛さんの子孫と言われております。

今回はそんな石川一郎さんの経歴年齢などプロフィールに加え、浜松屋の場所石川一郎さんの作品である箱根寄木細工の評判、更に、妻(嫁)や子供などの家族構成をご紹介します。

石川一郎は浜松屋の社長で石川仁兵衛の子孫?

「石川一郎」さんは浜松屋の社長を務めており、石川仁兵衛さんの血筋を引く伝統工芸士です。

 

 

浜松屋は石川仁兵衛さんが直々に伝統を教えた5代目が創業しており、その孫である石川一郎さんは7代目の社長です。

石川仁兵衛さんが作り上げた「箱根寄木細工」を200年に渡り伝統を伝承し続け、歴史が作り上げて来た幾何学模様である「寄木細工」と、絵画模様の「木象嵌」という技術を生かしています。更に、現代の独自性を加え浜松屋オリジナルの作品を作り上げています。

作品に使用する模様は、今はなんと100種類以上もあるそうです。

長年の経験と鍛練を重ねた職人にしか出来ない技です。

 

木と向き合って約40年の石川一郎さんは、やはり、伝統工芸士である石川仁兵衛さんの血筋を引いた人物であるからこそ、できる技術があるんでしょうね。

きっとこれからもどんどんオリジナルを交え、模様の種類を増やしていくんでしょうね。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください