緊急公開大捜索で解離性健忘/記憶喪失の推定30歳女性と自称27歳男性は誰?自称49歳男性についても!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

2020年1月27日に緊急!公開大捜索が放送されます。

今回で8回目の放送となるわけですが、今回の内容は解離性健忘と記憶喪失を患う男女3名がいったい誰なのかを番組内で突き止める内容となっています。

そこで今回は緊急大捜索に出演する記憶喪失の推定30歳女性自称27歳男性、さらに自称49歳の男性について調査しました。

それは詳しく見ていきましょう。

解離性健忘/記憶喪失とは?

まずは今回の緊急!公開大捜索で紹介される3名についてのキーとなる『解離性健忘』と『記憶喪失』とはどういうものなのかご説明します。

・記憶喪失とは?

記憶喪失は比較的想像しやすいと思いますが、実はいくつかパターンがあり、代表的なものは以下の4つです。

・逆行性健忘症

逆行性健忘症とは、発症以前の出来事に関する記憶を思い出せないという症状が特徴の記憶消失症です。

症状は一時的なものが多く、ごくまれに発症してから一生記憶が戻らない場合があります

発症した人は古い記憶ほど覚えており、古い記憶は長い間脳に蓄積されているため思い出しやすいとされています。

上記の一部分だけ読むと認知症に近しいものがありますね。

認知症も古い記憶ほど覚えているといった特徴があります。

・前向性健忘症

前向性健忘症とは、発症以降の新しい事を記憶することが出来ないという症状が特徴の記憶消失症です。

脳にある海馬がダメージを受けることにより発症し、発症前の記憶は思い出す事が出来ますが、発症以降の記憶は蓄積することが出来ません。

しかし、何度も同じことを繰り返すことで手続き記憶として覚えることが出来ます

先ほど紹介した、逆行性健忘症前向性健忘症同時に発症してしまう場合があり、発症以前の記憶を忘れている、発症以降の記憶を覚えられないといった症状が同時に現れます。

・幼児期健忘

幼児期健忘とは、上記の二つとは異なり4歳から5歳までの記憶が思い出せないという一般的な記憶焼失症です。

言語を取得する以前ではどのような記憶も思い出すことが難しく、最近では言語発達と関係しているのではないかとされています。

・一過性健忘症

一過性健忘症とは、経験した出来事における場所や方法や目的等を忘れてしまう事が特徴の記憶消失症です。

この、一過性健忘症は記憶消失症の中でも珍しい症例で、発症した人は詳しい情報について記憶することが難しく、数日や数週間前、数年前の事を思い出すように尋ねた時にポカっと空いた空白の期間があることが特徴です。

一過性健忘症で忘れた過去のエピソードは再び思い出すことはないとされています。

・解離性健忘症とは?

続いて解離性健忘症です。

解離性健忘症の『解離』とは特定の心理や普段とる行動の意識から切り離されてしまう症状を指します。

この解離が起こる原因は大きなショックやストレスのかかることから心を守る為の無意識的防御機能が働くためだと言われております。

また、薬物や他の病気、外傷等の影響ではなく精神的な衝撃によって引き起こされるとされています。

解離性健忘症にはいくつか種類があり、記憶同一性知覚、意識、行動等のうち1つまたは複数に混乱が起こります。

解離性健忘症の有病率は一般人口の2~6%で男女差はなく、青年期後期か成人に発症することが多いです。

緊急大捜索で解離性健忘/記憶喪失の推定30歳女性は誰?名前は?

まず最初に緊急大捜索で紹介される解離健忘症、記憶喪失を患う推定30歳の女性は誰かと名前について見ていきましょう。

今回調べた結果残念ながら、推定30歳の女性ということ以外の顔写真や名前等の詳細な情報は掴めませんでした

彼女は2019年4月深夜にある駅の前で突然自身の記憶がないことに気づき、警察に助けを求めました。

医療機関の診断では脳に損傷は見られず解離性健忘の疑いありとの診断を受けました。

まず、発症以前の記憶がないということで、記憶喪失の中では逆行性健忘症に分類されますね。

さらに解離性健忘による記憶喪失が疑われております。

解離性健忘は先ほど説明した通り「大きなショックやストレスのかかることから心を守る為の無意識的防御機能が働く」「薬物や他の病気、外傷等の影響ではなく精神的な衝撃によって引き起こされる」という条件で起こります。

つまり、この駅の場所もしくはそれ以前に彼女にとって精神的にショックを受けるアクシデントがあった可能性が高いということになります。

精神的にショックを受けるアクシデントはいったい何でしょうか?

色々なパターンが考えられますが「大切な人」に関わること、「仕事」のこと、この辺りが想定されることだと思います。

大切な人に関わるアクシデントは最も精神的なショックを受けるものの一つだと思います。

大切な人とは例えば親族、親しい友人、パートナーなどですね。

一方、仕事は例えばリストラなどが挙げられますが、人間は自分の存在価値が認められなくなるとひどく精神的なショックを受ける生き物なので可能性としてはあるでしょう。

推定30歳の女性については上記の情報に加え、どうもある場所と女性とのつながりが最近見えてきたようです。

ただ、詳しい場所についてはまだ公表されておりません。

情報が少ない中でも細かな情報をつなげていくとで彼女が受けた精神的なショックの正体が分かるかもしれません。

情報が入り次第追記するようにします。

緊急大捜索で解離性健忘/記憶喪失の自称27歳男性は誰?名前は?

次は緊急大捜索で紹介される解離健忘症/記憶喪失の自称27歳男性ついてです。

彼の情報もそう多くはありませんでした。

彼は2018年11月にボロボロの服装で市役所に助けを求め保護されました。

その後病院で解離性健忘の疑いありと診断されましたが、小さい頃の記憶が少しだけ残っていました

推定30歳の女性とはちょっと違うケースですね。

ただ、過去に遡っての記憶が無いので逆行性健忘症であることは間違いないでしょう。

小さい頃の記憶の詳細はまだ公表されておりませんが、悲劇的な記憶のようです。

ただ、彼の記憶をそのまま真実とするのは妥当ではないでしょう。

やはり、記憶が正しいかどうかの調査は必要だと思います。

今後、調査に進展があれば追記していきます。

緊急大捜索で記憶喪失の自称49歳男性は誰?名前は?

最後に記憶喪失の自称49歳男性についてです。

彼もまた上の二人のように多くの情報はありませんでした。

彼は2019年3月、歩いているときに突然記憶を失っていると気づきました

上の二人と同じように逆行性健忘症ですが、精神的なショックを受けたとは言いにくいからか、解離性健忘とは診断されていないというのが大きな違いです。

状況としては、名前や出身地等は一切わからないようですが、「今は1990年で俺は1970年生まれ」と思い浮かんだと言います。

しかし、新聞を見ると2019年、更に彼は自身を20歳だと思い込んでおり鏡をみて驚きました。

タイムスリップしたようだ」話している彼は、封筒に入った20万円を持っていました

20万円をどのように手に入れたかについて具体的な記憶はないようです。

ただ、彼が繰り返し見る夢の内容と20万円を持っていた理由とどうもつながりがありそうということが分かってきたようです。

夢なんかを信じるのか?という気もしますが、情報が少ない中では有力な情報と言えるかもしれません。

夢の内容についてはまだ公表されておりませんが、詳細が明らかになりましたら追記していきます。

緊急!公開大捜索出演ゲストについて終わりに

3名それぞれ見てきましたがいかがだったでしょうか?

過去の記憶が無いという点で共通しておりますが、断片的な記憶がある、精神的なショックを受けたわけではなく、突然記憶を失ったなど、微妙に状況が違いますね。

ここで注意しておくべき点はこれは作り話ではなく、真実であるということです。

一人でも多くの方に3名の方を知っていただき、少しでも気になる情報があれば、番組に情報提供いただければと思います。

面倒な場合はこの記事への投稿でも構いません。

3名の方はきっと記憶を取り戻すことを望んでいるはずです。

今後、状況が進展すること祈っております。

引き続き動向を注視します。

コメント