エンタメ

緊急公開大捜索で解離性健忘/記憶喪失の推定30歳女性と自称27歳男性は誰?自称49歳男性についても!

2020年1月27日に緊急!公開大捜索が放送されます。

今回で8回目の放送となるわけですが、今回の内容は解離性健忘と記憶喪失を患う男女3名がいったい誰なのかを番組内で突き止める内容となっています。

そこで今回は緊急大捜索に出演する記憶喪失の推定30歳女性自称27歳男性、さらに自称49歳の男性について調査しました。

それは詳しく見ていきましょう。

解離性健忘/記憶喪失とは?

まずは今回の緊急!公開大捜索で紹介される3名についてのキーとなる『解離性健忘』と『記憶喪失』とはどういうものなのかご説明します。

・記憶喪失とは?

記憶喪失は比較的想像しやすいと思いますが、実はいくつかパターンがあり、代表的なものは以下の4つです。

・逆行性健忘症

逆行性健忘症とは、発症以前の出来事に関する記憶を思い出せないという症状が特徴の記憶消失症です。

症状は一時的なものが多く、ごくまれに発症してから一生記憶が戻らない場合があります

発症した人は古い記憶ほど覚えており、古い記憶は長い間脳に蓄積されているため思い出しやすいとされています。

上記の一部分だけ読むと認知症に近しいものがありますね。

認知症も古い記憶ほど覚えているといった特徴があります。

・前向性健忘症

前向性健忘症とは、発症以降の新しい事を記憶することが出来ないという症状が特徴の記憶消失症です。

脳にある海馬がダメージを受けることにより発症し、発症前の記憶は思い出す事が出来ますが、発症以降の記憶は蓄積することが出来ません。

しかし、何度も同じことを繰り返すことで手続き記憶として覚えることが出来ます

先ほど紹介した、逆行性健忘症前向性健忘症同時に発症してしまう場合があり、発症以前の記憶を忘れている、発症以降の記憶を覚えられないといった症状が同時に現れます。

・幼児期健忘

幼児期健忘とは、上記の二つとは異なり4歳から5歳までの記憶が思い出せないという一般的な記憶焼失症です。

言語を取得する以前ではどのような記憶も思い出すことが難しく、最近では言語発達と関係しているのではないかとされています。

・一過性健忘症

一過性健忘症とは、経験した出来事における場所や方法や目的等を忘れてしまう事が特徴の記憶消失症です。

この、一過性健忘症は記憶消失症の中でも珍しい症例で、発症した人は詳しい情報について記憶することが難しく、数日や数週間前、数年前の事を思い出すように尋ねた時にポカっと空いた空白の期間があることが特徴です。

一過性健忘症で忘れた過去のエピソードは再び思い出すことはないとされています。

・解離性健忘症とは?

続いて解離性健忘症です。

解離性健忘症の『解離』とは特定の心理や普段とる行動の意識から切り離されてしまう症状を指します。

この解離が起こる原因は大きなショックやストレスのかかることから心を守る為の無意識的防御機能が働くためだと言われております。

また、薬物や他の病気、外傷等の影響ではなく精神的な衝撃によって引き起こされるとされています。

解離性健忘症にはいくつか種類があり、記憶同一性知覚、意識、行動等のうち1つまたは複数に混乱が起こります。

解離性健忘症の有病率は一般人口の2~6%で男女差はなく、青年期後期か成人に発症することが多いです。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください