岡田晴恵さんをメディアで見ない日はないと言っても過言ではありません。 最近では岡田晴恵フィーバーに便乗して、自身の名を冠したTシャツまで登場している模様。 しかしその岡田晴恵さんにも研究員時代の実験データの不適切使用疑惑が浮上しました。 疑惑が真実になる前に、岡田晴恵教授のTシャツはどこで買えるのか? また岡田晴恵教授の経歴は?普段は何している?不適切使用とは? 岡田晴恵教授の気になるところを探ってみました。" >岡田晴恵さんをメディアで見ない日はないと言っても過言ではありません。 最近では岡田晴恵フィーバーに便乗して、自身の名を冠したTシャツまで登場している模様。 しかしその岡田晴恵さんにも研究員時代の実験データの不適切使用疑惑が浮上しました。 疑惑が真実になる前に、岡田晴恵教授のTシャツはどこで買えるのか? また岡田晴恵教授の経歴は?普段は何している?不適切使用とは? 岡田晴恵教授の気になるところを探ってみました。" >岡田晴恵のTシャツはどこで買える?経歴は?普段は何をしている?実験データの不適切使用についても! | Kindトレンド
エンタメ

岡田晴恵のTシャツはどこで買える?経歴は?普段は何をしている?実験データの不適切使用についても!

新型ウイルスの流行により岡田晴恵さんをメディアで見ない日はないと言っても過言ではありません。

最近では岡田晴恵フィーバーに便乗して、自身の名を冠したTシャツまで登場している模様。

しかしその岡田晴恵さんにも研究員時代の実験データの不適切使用疑惑が浮上しました。

疑惑が真実になる前に、岡田晴恵教授のTシャツはどこで買えるのか?

また岡田晴恵教授の経歴は?普段は何している?不適切使用とは?

岡田晴恵教授の気になるところを探ってみました。

岡田晴恵のTシャツはどこで買える?

岡田教授Tシャツはオンライン販売店のclubTというサイトで購入できます。

先日放送された情報番組ではTシャツ販売だけを取り上げていました。

しかし放送の反響もあってか、Tシャツのみならず、長袖Tシャツやトーレーナーも登場しています。

カラーやサイズも豊富に用意されていて、岡田教授の人気ぶりが伺えます。

しかし岡田教授本人にしてみれば、このTシャツを着ることに関しては着ませんと断言しております。

支持してくれる方がいるということは、逆にアンチもいてバッシングもあるので冷静に受け止めたいと冷静なコメントをしました。

また籍を置く白鴎大学には同姓の教授が複数いることを指摘したところ、フルネームが欲しいのかとツッコミが入ることもあるようです。

この事態に反応したのか、現在流行中のウイルスの名前、女王、岡田教授等がプリントされたTシャツが登場しております。

フルネームでなくとも、特定の人物を連想でき本人も満足できるようになっています。

岡田晴恵の経歴は?

岡田晴恵教授は1963年生まれの埼玉県出身です。

学歴は共立薬科大学(現・慶應義塾大学薬学部)大学院薬学研究科修士課程修了し、順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退しています

その後、ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所に留学します。

留学後は、厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員や、日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・ アソシエイトなどの所属を経て、現在は白鴎大学教育学部の特任教授を勤めています。

専門分野は感染症学・公衆衛生学・児童文学と2分野に渡り、学協会活動では日本公衆衛生学会、日本ペンクラブ、日本児童文学者協会に所属しています。

また論文や著書も多数あり、インフルエンザに関する書籍の執筆もしています。

岡田晴恵は普段は何してる?

岡田晴恵教授はコメンテーターとして連日のようにメディア出演しています。

そんな多忙の中普段は白鴎大学にて授業を行っているのでしょうか。

調べてみると白鴎大学では担当科目は生物学や、病と癒しの人間史という教養科目や、学校感染症の対処法という専門科目の授業をしています。

またゼミや卒業論文の指導も行っているようです。

教授としての指導方針は、学生たちに感染症や予防について興味を持ってもらうことをモットーとしています。

また岡田晴恵教授自身の研究としては、感染症の歴史から現在社会における感染症対策の研究を行っているようです。

いつどこで発生するか分からない感染症への対策がメインの研究テーマですので、現在の新型ウイルスの流行状況は岡田晴恵教授の専門と言えるでしょう。

岡田晴恵のウイルスが流行する前は?

岡田晴恵教授は新型ウイルスが流行する前には、メディア出演をしていたのでしょうか?

いつごろからテレビ等のメディアへ出演していたのか、確かな情報は残念ながら見つかりませんでした。

これまで岡田晴恵教授は書籍の執筆や、新聞への寄稿・連載等の文筆活動は行っていました。

今回の新型ウイルス流行に対して、どうして岡田晴恵教授がこれほでメディア出演しているのでしょうか。

やはり元・厚生労働省国立感染症研究所研究員と現・白鴎大学教授という肩書という確かな実績

そして視聴者に好まれる快活な口調と、穏やかな見た目の2点ではないでしょうか。

現在大学は春休み中なので、テレビ出演ができていると岡田晴恵教授は言いますが、新学期が始まってもメディアからのオファーはしばらく続きそうです。

岡田晴恵には実験データの不適切使用があった?

新型ウイルスの流行により色々な呼ばれ方をするようになった岡田晴恵教授。

しかし国立感染症研究所の研究員であったころの実験データを巡り、岡田晴恵教授の論文内にある実験データの不適切使用があると問題になっています。

問題となっているのは、岡田晴恵教授の麻疹の細胞性免疫に関する論文の中に使われた実験データだそうです。

実験からは導き出せないような結論や独自にデータを改ざんしたような箇所があることから実験データの不適切使用を指摘されている模様。

データの不適切使用を指摘してる、当時の研究所所長ともひと悶着があった模様。

岡田晴恵教授も争う姿勢を見せていることから、下手すれば大きな騒動にも発展する可能性がありそうです。

以前にもあった同様の騒動のようにならなければいいのですが・・・。

最後に

新型ウイルスの流行終焉とともにメディアから姿を消すのか。

それとも話題になっている実験データの不適切使用でメディアから姿を消すのか。

今後の岡田晴恵教授の動向を静観していきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください