エンタメ

小寺智子(宝島社編集社)の顔画像や年齢やインスタ!解雇理由は石原さとみの写真集?

4月8日の週間文春で報道された、石原さとみさんの写真集をめぐる金銭トラブルで揉めて解雇になった、宝島社編集者の文春K氏は、小寺智子(こでらともこ)さんと言われております。

いったい何があったのでしょうか?

今回は本件の騒動の概要に加え、小寺智子さんの顔画像や年齢、インスタなどプロフィールについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

小寺智子の解雇理由は石原さとみの写真集?

小寺智子さんは多くの芸能人の写真集を手がけ、逆指名を受けるほどの超敏腕編集者です。

直近では2019年に田中みな実さんの写真集の編集を担当し、60万部の大ヒットでした。

田中みな実さんの写真集は一筋縄には行かず、小寺さんが何度も田中みな実さんにアプローチして、やっと了解を得た案件のようです。

田中みな実さんとしても、初の写真集なので戸惑いも多かったと思います。

それだけに、承諾を得るのはとても難しいことだったことでしょう。

そういった交渉力も小寺さんが敏腕編集者と言われる所以なのでしょう。

そんな小寺さんは、実は2017年に石原さとみさんの写真集の編集も担当したようです。

30代でこれだけ一流の女優やタレントの写真集の編集を任されるとは本当にすごいと思います。

さて、石原さとみさんの写真集の売れ行きですが、20万部だったようです。

これも十分に大ヒットですが、田中みな実さんに比べると、という感じですね。

そういった小寺さんの解雇理由は表向きは石原さとみの写真集の時の印税の未払いだったというホリプロからの告発です。

金額は数億円と言われ、かなりの金額ですね。

小寺さんはしっかり払っているとの主張でしたが、認められず、宝島社から解雇の方針と報道されております。

ただ、どうも決定事項ではないようです。

宝島社は大人しくホリプロへの未払いを認め、支払いに応じる構えです。

ホリプロは大手のお客様なので逆らえないのでしょう。

小寺さんが身に覚えがないと話しているところや、これだけの敏腕編集者がこんな初歩的なミスをするのに違和感を感じます。

さらに3年前の話をなぜ今?というのもあります。

それに解雇までの処分が必要なのか?という気もします。

小寺さんも突然のことで信じられないようです。

ここで少し気になる情報があります。

実は石原さとみさんと田中みな実さんのカメラマンが同じだったようです。

編集者も小寺さんで同じなので、同条件ということになりますね。

どういうことかと言うと、石原さとみさんと田中みな実さんの完全な実力勝負と取れるわけです。

これで20万部対60万部で、大敗という位置づけになるホリプロは面白くないでしょうね。

もしかしたら、田中みな実さんの写真集が売れ過ぎて面白くなかったというのがトリガーで本件の厳しい追及に発展したのかもしれませんね。