ニュース

渋沢栄一が一万円札の理由は?名言集や会社がヤバい!

2024年に現在使われているお札が一新されるというニュースが飛び込んできました。

今回はその中から、新たに一万円札の顔になる渋沢栄一についてまとめてみました。

渋沢栄一が一万円札に選ばれた理由、彼の名言集会社など気になる情報をまとめてみました。

渋沢栄一が一万円札の理由は?

今回、2024年に新発行される一万円札の顔に渋沢栄一が選ばれました。理由について見ていきましょう。

彼は「近代日本資本主義の父」と呼ばれています。

東京証券取引所の前身「東京株式取引所」の設立に貢献した実績を持ちます。

他にも、東証内の証券資料ホールには渋沢栄一の写真パネルが飾られています。

 

そんな渋沢栄一のプロフィールを見てみましょう。

名前:渋沢栄一(しぶさわ えいいち)

生年月日:1840年3月16日

死去:1931年11月11日

 

埼玉に生まれた渋沢栄一は一橋家に仕え、家臣となります。

パリ万国博覧会幕府使節団に加わり、渡米します。

維新後に大蔵省官史を得た、第一国立銀行を設立します。

 

第一国立銀行、東京証券取引所、一橋大学、東京経済大学など多くの企業、学校の設立に携わった人でもあります。

このことから日本資本主義の父とも呼ばれる所以となっています。

 

渋沢栄一は官僚であり、実業家でもありました。

渋沢栄一が生涯手がけた企業は500、そして社会事業に尽くした数は600と言われています。

現在では銀行の事をbankと呼びますが、これを最初に付けたのも渋沢栄一だといわれています。

これらの功績が新一万円札に選ばれた理由なのでしょう。

なぜ渋沢栄一が選ばれたのか疑問の声があがっていますが、彼の功績を考慮するとまさにふさわしい人物と言えますね。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください