ニュース

山口敬之と伊藤詩織のドアマンは誰?証言内容やシェラトン都ホテルはどこかについても!

フリージャーナリストの伊藤詩織(いとうしおり)さんが同じフリージャーナリストで元TBS記者の山口敬之(やまぐちのりゆき)記者に対して暴行を受けたとして損害賠償を求める裁判を起こし、その結果伊藤さんが勝訴しました。

裁判所は山口さんに、伊藤詩織さんに対して330万円の慰謝料を払うように命じました。

伊藤さんの勝訴で終わりかと思われた裁判でしたが、結果に満足できなかった山口さんは控訴を起こしました。

今回はその山口さんが起こした控訴審で重要と思われるドアマンの証言内容やドアマンは誰か?そして二人が宿泊したシェラトン都ホテルはどこかを紹介します。

山口敬之と伊藤詩織の騒動の概要

2017年9月に伊藤詩織さんは「支部局長の立場に乗じ、就職凱旋をちらつかせ暴行した」と山口敬之記者に1100万円の損害賠償を請求していました。

それに対して山口記者側は今年2月に伊藤さんを相手に取り「名誉を既存し、プライバシーを侵害した」として1億3000万円に損害賠償を求める反訴をしました。

しかし、結果は伊藤さんの勝訴となり裁判所は山口記者に、伊藤さんに対して330万円の慰謝料を払う事を命じました

伊藤さんは裁判に勝訴しましたが、事件当日にホテルのドアマンをしていた方の証言は考慮されませんでした。

もし、考慮されていたら慰謝料の額も変わっていたのでしょうか?




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください