ニュース

愛知県高浜市の保育園で細菌性赤痢の集団感染!保育園の場所はどこ?感染経路や原因は?潜伏期間はどのくらい?

愛知県高浜市の保育園で、園児ら11人が細菌性赤痢に感染していることが発覚しました。

3月11日にうち園児4人が入院しているようですが、症状は軽いということです。コロナウイルスの感染拡大が問題視されているなかでの集団感染ということで、不安が高まっています。

今回感染が起こった保育園の場所や、感染経路原因、また潜伏期間について調べてみました!

愛知県高浜市の保育園で細菌性赤痢の集団感染!ニュースの概要

愛知県高浜市の保育園で園児10人と職員1人の合わせて11人が細菌性赤痢に感染していることが判明しました。このうち数人が入院していますが、いずれも症状は軽いようです。

愛知県によると、3月11日に高浜市の保育園に通う女子児童が発熱や下痢を訴え病院にいったところ、細菌性赤痢への感染が確認されました。

それに伴い保健所が、この保育園に通っている全児童と職員、そして患者家族を対象に検査を実施した結果、14日までに8人の感染を確認、また後日に刈谷市内の病院で検査を受けた同保育園の園児2人からも感染を確認しました。

 

コロナウイルス拡大により、衛生面への配慮が求められている中での感染拡大という事でより一層不安が高まるニュースとなりました。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください