ニュース

緊急事態宣言で仕事はどうなる?福祉施設やデイサービスは?

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、4月7日に安倍総理大臣は緊急事態宣言を発令をする意向を固めました。

対象と都府県は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡で、期間は5月6日目途としております。

緊急事態宣言が出ると今の仕事はどうなるのでしょうか?

今回は福祉施設デイサービスについて調査しました。

緊急事態宣言


今回の緊急事態宣言を発令は改正特別措置法に基づく、下記要件を満たすかどうかで判断されます。

1.国民の生命・健康に著しく被害を与える恐れ

2.全国的かつ急速な蔓延による国民生活・経済に甚大な影響を及ぼす恐れ

今回は両方とも該当すると判断されてようです。

確かに一部の地域では日に日に感染者数が増えていきましたもね。

芸能人やスポーツ選手の方も感染し、亡くなった方もいらっしゃいました。

早く出してほしいという意見もありましたが、この宣言は同時に生活困窮者を出す可能性のあるもろ刃の剣だったので慎重に政府は判断したのでしょう。

緊急事態宣言は5月6日まで続くようですが、解除については専門家の意見などを参考に決めるとのことです。

つまり、延期も十分あり得るということですね。