ニュース

タバコ生産停止中止期間は緊急事態宣言でいつからいつまで?本当かや銘柄やアイコスについても!

4月7日に「タバコ生産停止」がトレンドキーワードに上がっていますが、緊急事態宣言を受けて本当に生産中止になるのでしょうか?

今回は本件の概要に加え、タバコ生産停止中止期間がいつからいつまでかや本当かどうか、さらに銘柄やアイコスについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

タバコ生産停止中止期間本当?


医療関係者の専門チームで編成される国際組織の国際結核肺疾患連合は4月6日、新型コロナウイルスの低減に向けて、たばこ会社に製品の製造と販売の停止を呼びかけました。

国際組織の声明だんかいですので各国がどう対応するかはこれからですね。

タバコ生産停止中止の理由はなぜ?

理由は明確です。

国際連合の声明によると中国などで行われた新型コロナウイルス患者で重篤化する人が明らかに多かったためです。

患者1000人強の統計なので、ある程度信頼できると思います。

タバコ生産停止の銘柄は何?アイコスは?

タバコ生産停止の銘柄は特に言われておりませんが、国際組織の声明では銘柄を限定しておりませんので、全銘柄が対象になるでしょう。

仮に銘柄が指定され、各人の好きな銘柄が廃止になったとしても、喫煙者は禁煙せず、別の銘柄を選ぶので、銘柄指定をしても禁煙は促せないでしょう。

ただ、タールやニコチンの少ないものに限定するというのはありえますね。

その理論で言うとアイコスも気になりますね。

アイコスはだいぶ有害物質がタバコに比べて抑えられておりますが、全くないということはありません。

徹底するとなると、ダバコと同様に生産停止になる可能性は十分にありますね。

タバコ生産停止中止期間はいつからいつまで?


タバコの生産停止期間がいつからいつまでは日本としての対応は明らかにしておりません。

日本としては、今はそれどころではないといったところでしょうが、長期化するようであれば、国際結核肺疾患連合の声明に呼応するかもしれません。

ただ、日本が先にというよりは、他国の出方をまずは見るのではないでしょうか?

終わりに

タバコ生産停止はすぐには無さそうです。

ただ、国際組織がかなり裏付けのあるデータを提示し、強い声明を出しているので、日本に適用される可能性は十分にあるでしょう。

今後の動向も注視しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください