ニュース

河井案里のセフレ3人は誰で名前特定?週刊新潮写真画像や大物県議会の実名も!

参院選で別会派から支援を受けていたとして、河井案里(かわいあんり)議員陣営が疑われておりますが、この度、河井案里議員に3人のセフレがいるという疑惑が浮上しました。

名前はいったい誰なのでしょうか?

今回は3人の名前に加え、週刊新潮写真画像について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

河井案里の不祥事の概要


自民党の河井案里議員の陣営は選挙違反事件で捜査されております。

内容としては河井案里議員の秘書の立道浩被告と夫の河井克行前法務大臣の秘書である高谷真介被告の2人が、2019年7月の参議院選挙で陣営の14人のウグイス嬢に法律の規定を超える報酬を支払ったとして、3月24日、公職選挙法違反の罪で起訴されました。

いわゆる買収ですね。

4月20日に初公判が行われましたが、被告側は起訴内容の認否を留保としたようです。

加えて、複数の県議や首長などに現金を渡した疑惑が浮上しており、現在関係者の家宅捜索が行われております。

疑惑が絶えませんね。

河井案里のセフレ3人の週刊新潮写真画像は?

河井案里議員にセフレ3人がいるという週刊新潮の写真画像を見てみましょう。

 


はっきりと書かれておりますね。

ただ、週刊新潮なので早合点かもしれないという意見もあります。

全く裏が無くては書かないと思いますが。

内情をよく知る人物がリークしたのでしょうか?

お金が絡んだ話ではないので、大ごとではないかもしれませんが、イメージは良くないかもしれませんね。

もし事実であれば、旦那さんはどう感じているのでしょうか?

河井案里のセフレ3人は誰で名前特定?大物県議会の実名も!

週刊新潮では3人のセフレが誰か、大物県議会の名前(実名)が出ると言われております。

現在のところ家宅捜索の名前が挙がっている檜山俊宏元議長の名前はよく挙がっておりますね。

残り二人は色々な憶測があります。

檜山さんは県政界の重鎮でかなりの権力者なので、押さえていると強力なのは明白です。

そういったところから真っ先に怪しまれるのだと思います。

ただ、まだ裏が取れた状況ではないです。

セフレがいたかも含め、本当のところどうだったか気になりますね。

河井案里(かわいあんり)のプロフィール

 

  • 名前:河井案里
  • 年齢:46歳(2020年4月現在)
  • 生年月日:1973年9月23日
  • 出生地:宮崎県延岡市
  • 出身校:慶應義塾大学大学院
  • 前職:広島県議会議員など
  • 現職:参議院議員
  • 所属政党:自由民主党(二階派)
  • 配偶者:河合克行(衆議院議員)

 

河井案里議員は高校までずっと宮崎で育ったようです。

大学から東京に出て、大学では政策や民営化について研究されたようです。

大学院修了後は化学技術振興機構に勤務します。

その時、河井克行さんと紹介で出会い、2001年に結婚します。

仲人は橋本龍太郎元首相だったようです。

河井克行さんがいかに大物であったかが伺えますね。

結婚後、河井克行さんは河井案里さんが政治に向いていることを見抜き、サポートもありながら、河井案里さんは広島県議会議員に当選します。

その後、落選などもありましたが、2019年に参議院議員に初当選しました。

そして、参院選での問題が浮上しました。

政治は大きなお金が動くといいますが、やはり疑われるようなことはやっては駄目ですね。

徹底的に調べてもらいたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください