ニュース

多摩川バーベキュー(50人BBQ)はやらせ企画?取材班が多すぎる?

5月4日にとくダネで放送され多摩川バーベキュー(50人BBQ)は世間から注目を集めております。

色々な意見がありますが、その中で注意深いものがありました。

それは多摩川バーベキューがやらせ企画だったのではないか?という意見です。

いったいどういうことなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

多摩川バーベキュー(50人BBQ)の概要


多摩川バーベキューは主催者がSNSで企画したイベントのようです。

参加者は全員社会人であり、参加は自由だったようです。

つまり、主催者は企画しましたが、参加を選んだのは集まったメンバー一人一人の意思ということですね。

全員で約50人で初対面の方が半分くらいだったようです。

開催理由はガス抜きだったようです。

確かに、コロナ自粛で外出が中々出来ず、仕事も減って収入も減ったという人もかなりいると思うので、極度にストレスが溜まっている人もいることでしょう。

気持ちは分からなくはないですね。

初対面が半分くらいというのは、たとえ初対面でもいいから外に出たいという、ストレスが溜まっている人が多かったことの表れのように思います。

ただ、政府や自治体が自粛要請をしている中、50人規模のBBQはやりすぎかなあと思いますね。

これは個人個人で意見が違うと思いますが、家族や数人レベルで行うくらいの配慮は必要ではないかと思います。

多摩川バーベキュー(50人BBQ)の場所はどこ?

多摩川バーベキューの場所は多摩川緑地バーベキュー広場のようです。

 

駅近のアクセス抜群でバーベキューの超人気スポットです。

県の自粛要請はあったものの、バーベキューは禁止されていないエリアでした。

今回の50人BBQ以外にも多くの方が訪れておりました。

ただ、50人規模の集まりは恐らく取材を受けたところくらいでしょうね。

他の県だと、徹底的に禁止しているところもあるので、比較的甘いと感じる方もいるかもしれません。

ただ、ストレスが溜まるのは理解できるので、判断が難しいところですね。

多摩川バーベキュー(50人BBQ)はやらせ企画?

多摩川バーベキューがやらせ企画なのではないかと言われる理由を見ていきましょう。

まず、主催者が普通取材に応じるかなあ?という点です。ただ、面倒だと思いますが、目立ちたがり屋であれば応じるのはそれほど不思議ではないように思います。

続いてですが、テレビ局が集まるのが早いのと、取材班が多すぎるという点です。

取材が用意周到過ぎるのであらかじめ打ち合わせなどをしていた、つまりやらせ企画ではないかと。

確かに言い分は理解できます。

ただ、これも正直分からないと思います。

実際のところ多摩川河川敷はバーベキューは禁止されておらず、多くの方が利用されていました。

とくダネの取材班も人が集まることをあらかじめ知っていたため、取材する人も多めに集めていたというのも無くはないと思います。

どちらも可能性はありますね。

ただ、視聴者に疑われているというのは間違いないですね。

終わりに

多摩川バーベキューがやらせ企画であったかどうかは分かりませんでした。

ただ、視聴者の目は鋭く、嘘に敏感になっているので、嘘と疑われるような取材をしないように工夫する必要があるのかもしれません。

元々ワイドショーの情報は信用していないという人も結構いるでしょうが。

以上、調査結果でした。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください