田沢あかね(学研プラス )のwikiや学歴は?高校や大学特定!書籍や出身やTwitterやインスタやfacebookなども!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

学研プラスの田沢あかねさんは2016年に「ことば選び辞典をシリーズ」を編集し、累計50万部の大人気をたたき出した大物です。

いったいどういう人物なのかwiki情報や学歴(高校・大学特定済)を見てみようと思います。

また、Twitterやインスタ、facebookなどのSNS関連や、

出身や代表的な書籍なども調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

田沢あかね(学研プラス)のwikipedia風プロフィール

学研プラスの田沢あかねさんのプロフィールをwikipedia風で見てみましょう。

  • 名前:田沢あかね
  • 年齢:29歳(2019年7月現在)
  • 職業:辞典編集者(学研プラス)
  • 出身:静岡県
  • 好きなもの:古典、妖怪、コミック全般

妖怪とは例えばゲゲゲの鬼太郎とかでしょうか?

学研プラスには2014年に学研教育出版(現在の学研プラス)に入社したようです。

仕事内容としては、入社してすぐは小中学生向けの学習参考書の編集を担当し、その後現在の辞典編集部へ異動したようです。

田沢あかねの書籍は「ことば選び辞典シリーズ」が大ヒット

田沢あかねさんは入社3年目から担当する「ことば選

大ヒットした理由はいったい何なのでしょうか?

理由はとにかく、

  • 薄い、軽い、小さいで持ち運び便利
  • 必要性の高い語彙のみ厳選。さらに調べやすく非常に使い勝手がいい
  • 用途に合わせた魅力的なシリーズがある

といったところです。

魅力的なシリーズを一部紹介します。

 

  • ちょっと違うことばを使いたい

素晴らしい、すごいなどと単純な表現ばかりでは味気ないですよね。

ちょっと違う表現を使い時ありますよね。そういう時にぴったりだと思います。

文章を書く時や会話やプレゼンなど、多くの場面で活用できそうです。

  • 感情を言語化できる

溢れる感情、例えば素晴らしい景色を見た時の感動やお世話になった方へ感謝の気持ちを言葉にしたいけど、うまくできないという場合、ありそうですよね。

そういった時に使えそうです。

  • 切れのある文章を書きたい

「文章がなんだかダラダラと長い」「なんか文章が変」そういう悩みの方にぴったりです。

コツがあってその言葉選びを手助けしてくれる辞典になります。

  • 創作ネームに迷う

タイトルやキャッチコピーをありふれたものしか思い浮かばない。

そういった方にぴったりです。

様々なカテゴリーで語彙が豊富なので、色々な角度から検討することができます。

  • 文豪っぽい難しい漢字を選びたいとき

過去の文豪のレトロな雰囲気を表現できないという方にぴったりです。

ちょっと玄人向けの辞典かもしれません。

  • 美しい日本語の表現をしたいとき

何だか薄っぺらい文章しか書けないという方に、文章を引き締めるための美しい言葉を見つけることができる辞典です。

  • よく似た漢字でどれが正しいか迷ったとき


よく似た漢字があって、どっちが正しいんだっけ?ということ結構あるのではないでしょうか?

そういった時にぴったりですね。

 

多くの方から絶賛の声です。

執筆や広告や自己啓発はもちろん、SNSにも重宝できるのはないかと言われております。

SNSって文章を短く必要があって、中々分かりやすくていい文章を書くのは難しいですよね。

そういった場面でも活用できるのはないかと。

興味のある方は手に取ってみてはいかがでしょうか?

田沢あかねの学歴は?大学や高校特定!

輝かしい実績を上げている、田沢あかねさんの学歴を見てみましょう。

  • 出身高校:藤枝東高校(静岡県)
  • 出身大学:京都大学大学院

 

この投稿をInstagramで見る

 

View from the library #kyotouniversity #kyoto #japan #campus #yoshida #summer #京大 #京都大学 #キャンパス #時計台 #clocktower

京都大学さん(@kyotouniversity)がシェアした投稿 –

藤枝東高校はご存知ない方がいるかもしれませんが、公立高校で偏差値66の超難関高校です。

進学に力を入れている評価の高い高校になっております。

また、サッカーの強豪校としても有名です。

田沢さんは高校の頃から勉強に力を入れられていたのだと思います。

京都大学の難易度は言うまでもないですね。

大学では「平家物語」や「保元物語」の研究に没頭していたようです。

好きなことに「古典」が入っており、まさに好きなことに没頭していたのでしょう。

就職も学研プラスで言葉を扱う仕事ですので、まさにやってきた勉強が生かされていると感じますね。

田沢あかねの出身はどこ?

田沢あかねさんの出身は公には静岡県ということしか分かっておりませんが、高校が藤枝市の「藤枝東高校」なので、恐らく藤枝市で高校からそう遠くないのではないでしょうか?

Googleマップで見ると下記の場所になります。

藤枝市は静岡県で第二位の人口を誇るベットタウンになります。

最近開発が進んでいるようです。

田沢あかねのTwitterやfacebookやインスタ(SNS)は?

田沢あかねさんのSNS情報を見てみましょう。

まず、Twitterはやっていないようです。

続いてインスタですが、やっていらっしゃいますが、フォローリクエスト承認方式ですので興味のある方はフォローしてはいかがでしょうか?

フォロー数を絞っている雰囲気では無さそうですので、本当に興味のある方は承認してくれそうと感じます。

facebookはやっていらっしゃいます。

7月30日にテレビ放送される「セブンルール」についての自身でご紹介されておりました。

また、田沢さんは古典などが好きということで、古風なイメージを持っておりましたが、facebookではVRなどIT関係についての投稿が多く見られ、近年のIT技術に非常に興味を持っていらっしゃると感じました。

今は辞典シリーズが売れておりますが、今後はこういったIT技術を生かした便利なものが登場してくるかもしれませんね。

言葉の辞典シリーズについてネットの反応は?

ネットの声を集めてみました。

高評価の声が多いですね。

田沢あかねについて終わりに

田沢あかねさんですが、大学の頃から古典など文学系の勉強をされて学研プラスに就職され、そして、メガヒットの「言葉の辞典シリーズ」を生み出したようです。

人気の理由はお手軽に持ち運べて内容は充実しているけど厳選されて使い勝手が良い点だと思います。

そして、何より、多くの方が案外言葉に興味があって、悩んでいたということだと思います。

辞典なんて詳しく書いていればいいだろう?というだけでなく、使用する方の気持ちを考えて必要なものだけ厳選して、使いやすくまとめる、そういったことが功を奏したのだと感じます。

そういった切り口で考えられた田沢さんはやはりすごいと思います。

今後ますますご活躍されることでしょう!

コメント