古谷敏の身長やスタイルは?結婚した嫁妻や子供など家族や現在や若い頃や経歴やプロフィールについても!

エンタメ
Sponsored Link
Sponsored Link

古谷敏(ふるやさとし)さんをご存じですか?

大人気で沢山のシリーズが出たウルトラマンの中身『ぬいぐるみ役者(スーツアクター)』としてご活躍された俳優さんです。今回は、ウルトラマンを勤めた古谷敏さんの気になる身長やスタイル、結婚した嫁妻や子供などの家族構成、現在や若い頃の経歴、プロフィールについてもツイッター・インスタ・フェイスブックなどのSNSとWiki情報をもとに調査していこうと思います!

 

それでは早速見ていきましょう!

古谷敏の経歴やプロフィール

古谷敏さんのプロフィール

名前:古谷敏(ふるやびん:ふるやさとし)※びんともさとしとも呼ばれています。

生年月日:1943年7月5日

身長:180センチ

体重:68キロ

出身地:東京都

星座:かに座

血液型:AB型

Twitter

出演作品(一部抜粋)

  • 1966年ウルトラQ(円谷プロ、TBSテレビ)…誘拐怪人ケムール人、 海底原人ラゴン
    ウルトラマン(円谷プロ、TBSテレビ)…ウルトラマン
    愛妻くん(日活、TBSテレビ)
  • 1967年ウルトラセブン(円谷プロ、TBSテレビ)…アマギ隊員
  • 1968年怪奇大作戦(円谷プロ、TBSテレビ)…全国運送経理課長・村木秋彦
    戦え! マイティジャック(円谷プロ、CX)…アップルの医師
  • 2010年チャンス!(NHK)
  • 2011年ウルトラゾーン(円谷プロ、TVK)…昭夫

 

東京都港区西麻布出身で、東宝演劇学校卒業後、東宝第15期ニューフェースとして東宝に入社後、しばらくはエキストラとして幾つかの作品に出演していたそうです。

1962年、『吼えろ脱獄囚』で正式に俳優デビューします。その後東宝から円谷プロダクションの出向し『ウルトラQ』(1話完結の”空想特撮シリーズ”)に出演します。

その翌年、『ウルトラマン』のぬいぐるみ役者(スーツアクター)として出演したそうです。最初のウルトラマンの原型を形作ったのが古谷敏さんの演技だったそうです。低く腰を落として構えるウルトラマンのファイティングポーズは、古谷敏さんが始まりだったのですね!

ウルトラマンの次の放送作品となる『ウルトラセブン』では、視聴者からの要望と前作の労苦を労う形で「顔の見える役」としてアマギ隊員役に抜擢されたそうです。

当時は、インターネットもない時代だったので、高身長でスタイル抜群な古谷敏さんのお顔を視聴者の皆さんはご覧になりたかったんだと思います。

1968年に古谷敏さんは俳優業を引退し、怪獣アトラクションショーの主催会社『ビンプロモーション』を設立し、自身の怪獣ショーでは「アマギ隊員」役で司会をこなしました。お顔をだしたことでさらに人気がでたのかな?と思いました。さらにその3年後、『株式会社ビンプロモーション』として、ビンプロモーションを法人化し代表取締役社長に就任しましたが後、姫野昭二さんが経営する関連他社へ移籍します。怪獣ブームが衰退してしまった時期なのかもしれませんね。

1972年に結婚し、その後一男一女をもうけます。そして第二次怪獣ブームとなり各地で怪獣ショーを催し、舞台中継番組『突撃、ヒューマン‼』では劇中アクションを担当し番組終了後も同作品のキャラクター興行を行なっていました。その後しばらくは、怪獣ショーをしていたそうなのですが、1991年、バブル崩壊とともに『ビンプロモーション』も解散してしまいます。それに伴い負債を抱えた古谷敏さんはビル清掃業などのアルバイトをし生計をたてるようになり、関係者との連絡も自ら断ったそうで表舞台から姿を消し、一時は「消息不明」扱いで亡くなったのでははいかと噂されていたそうです。

2007年、ふと眼をとめた成田亨さんの展覧会の新聞記事をもとに、会場に顔を出した事がきっかけで、円谷プロダクション時代の関係者との連絡を再び取り合うようになったそうです。長らくマスコミへの露出は無かった古谷敏さんでしたが、11月にひし美ゆり子さんのブログで古谷敏さんの元気な姿が紹介されファンの方たちは安心したそうです。

ひし美ゆり子さんのブログ

 

その後、『ウルトラセブン超百科』に、ナビゲーターとして出演したり劇場映画にて俳優に復活したそうです。2009年12月21日には、初の自叙伝『ウルトラマンになった男』を上梓、これまで語られなかった『ウルトラマン』での苦労や思い、撮影の裏話等を初めて明かしたそうです。そして、2013年10月18日、『ウルトラマン』HD Remaster2.0 Blu-ray BOX II発売記念として行われたイベントに47年ぶりにウルトラマンのスーツを着て登場したそうです。

古谷敏の身長やスタイルは?

ウルトラマンといえば、高い身長、細身でスタイリッシュな風貌ですよね!そして、悪い怪獣から市民の平和を守るスーパーヒーローです。

今でいうところのイケメンですね!そんなウルトラマンを演じた古谷敏さんは、当時からスタイルが良すぎると評判だったそうです。

そのスタイルは、今も健在のようで自身のプロフィールにも、年の割にスタイルが良すぎると短所の欄にかいてありました笑。それって長所ですよね?って心の中で思わずツッコミいれてしまいました笑。

古谷敏さんが演じたアマギ隊員は今でも人気があるようで、沢山のツイートを拝見することが出来ました。

昔の作品がここまで愛されているのには初代ウルトラマンを勤めた古谷敏さんの演技力が凄かった事も理由の一つだと思います!

古谷敏の結婚した嫁(妻)や子供など家族は?

古谷敏さんは妻・息子・娘四人家族だそうです。

みなさん一般の方のようでお名前や顔写真は、わかりませんでした。

バブル崩壊とともに会社をたたみ、負債抱えた古谷敏さんは、「パパを一人にすると自ら命を絶つかもしれないから、一緒にいようよ」。1992年1月、当時高校3年生だった長男が母親に言ったそうです。

ほぼ無一文だった古谷家は、目黒区内の4LDKマンションを引き払い、引っ越したのは築数十年の木造3DKアパートで家具や衣服も必要なもの以外は処分したんだそうです。のちのトークショーで古谷敏さんは「自ら命を絶つなんて考えてなかったけど、よほど憔悴(しょうすい)してるように見えたのでしょうね」と語っておられました。

古谷敏の現在は

ハローワークに通い仕事を探すも、ウルトラマンのアマギ隊員だと気づかれることもあったそうで、なかなか仕事が見つからなかったそうです。その後清掃のビル清掃の仕事につけた古谷敏さんは、家族を養うため早朝から深夜まで仕事をしていたそうです。

その清掃の仕事場でも、同僚にわざとトイレを汚され「早く掃除をしろ!」と、イジメにあったこともあると語っておられました。

そんな辛い時期を乗り越え、2013年からウルトラマンの記念イベントに参加するようになります。最後にイベントに参加したという情報は2016年12月でした。イベントでは、ウルトラマン時代実は降板を何度も考えていたそうです、しかし、降板を言いに行こうと向かったバスの中で小学生たちがウルトラマンの魅力について語っているのを耳にした古谷敏さんは、子どもたちのためにウルトラマン役をやりきる事を決意したそうです。残念ながら、2020年2月現在の古谷敏さんの情報を見つけることはできなかったのですが、なんと近くテレビ放送がきまったそうなんです。その番組がこちらです。

激レアさんを連れてきた。(テレビ朝日)

2020年2月15日(土)  22時10分~23時10分

「本当は嫌々中に入っていた初代ウルトラマンのスーツアクターでウルトラマンの動作から必殺技までその場のアドリブで作り出した人  」

ここで、過去から現在の事を語ってくれること間違いなしですね!

ツイッターでもウルトラマンファンから注目されている番組ですのでこれは見逃せないですね!

古谷敏の若い頃は?

ウルトラマン、アマギ隊員として人気のあった古谷敏さんのお写真です。

ハンサムです!

高身長で、スタイリッシュなことも伺える写真です。

こちらは、少し前のお写真のようですが、変わらないスタイルですね!

古谷敏について終わりに

ウルトラマン役を降板したかったという古谷敏さんでしたが、子どもたちの事を思って最後まで続けてくださった優しい方だという事がわかりました。バブル崩壊とともに厳しい生活となってしまうこともありましたが、温かい家族の支えとご自身の強さからまた新しい生活を送っていること送っているのだと思います。ウルトラマンを演じた古谷敏さんは、ウルトラマンと同じ強く優しくたくましい方ですね!2月15日の放送と今後のご活躍に期待したいです!

コメント