エンタメ

小林國雄/人間国宝のwikiプロフィール!1億円盆栽清風やチェーンソーや年収や嫁妻や子供など家族についても!

盆栽作家で人間国宝である「小林國雄(こばやしくにお)」さんの作品は、心奪われるものばかりですよね。

そこで今回は、人間国宝の「小林國雄」さんのwiki風プロフィールと、1億円もする盆栽清風」とはどんな作品で、盆栽チェーンソーで創り上げるというのは本当なのか、それに加え年収はどのくらいなのか、更に嫁(妻)子供家族構成をご紹介します。

小林國雄/人間国宝のwiki風プロフィール

「小林國雄」(人間国宝)さんのwiki風プロフィールをご紹介します。

 

名前 小林國雄(こばやしくにお)

生まれ年 1948年

出身地 東京都江戸川区

肩書 春花園BONSAI美術館館長、社団法人水石協会理事長

江戸川区の園芸農家に生まれた小林國雄さんは、幼い頃から草花に慣れ親しんできたそうです。

高校は園芸の高校に進学し、卒業後には家業の園芸農家を継ぎ、28歳で盆栽業を始めました。

1989年には、日本盆栽作風展にて「内閣総理大臣賞」を受賞し、その後も4回も同賞を受賞。

2002年に盆栽美術館を開館し、海外で講演やデモストレーションなども行い、盆栽の普及を努めています。

もともと盆栽が好きだったそうです。

命の尊厳を表しているような気品あるたたずまいに心を奪われたそうで、家業を継いだあとも、サツキ栽培で成功を収め、盆栽の名品に出会ったこともあり、すぐに小林國雄さんも盆栽をやろう!と決意したそうです。

園芸農家で育った小林國雄さんですが、盆栽については全く知識が無く、先輩に話を聞いたり専門書を読みあさり、独学にて技術を身に付けたそうです。

独学だったので、高価な木もたくさん枯らしたり、人より2倍失敗しながら経験を積んだようです。

盆栽を始めて10年で賞を受賞したので、やはり生まれ持った才能があったんでしょうね。

 

ちなみに受賞歴ですが、

・内閣総理大臣賞 1989年、1992年、1999年、2001年

・文部大臣賞 1994年、1996年

・農林水産大臣賞 1995年

・環境大臣賞 2000年

・毎日新聞賞 1997年

・日本花いっぱい協会賞 1985年、1990年

・日本盆栽協会賞 1998年

・皐樹展大賞 1992年、2003年、2005年、2007年、2010年

・日本文化復興会より「国際芸術文化賞」受賞 2001年

・江戸川区より「文化奨励賞」 1989年

・江戸川区より「文化功績賞」 1999年

・国風賞 16回

と、かなりの受賞数ですね。

 

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください