エンタメ

100日後に死ぬワニ100日目結末の意味死因特定解説!あらすじや言いたいことなども!

100日後に死ぬワニが3月20日にとうとう100日目を迎えました。

衝撃の結末という風に感じた方や既に予想していたという方も結構いたようです。

ただ、多くの方が100日目の意味ワニの死因について中々特定できていないようです。

今回はその辺りの詳細と、あらすじや作者が言いたかったことについて解説します。

それでは見ていきましょう。

100日後に死ぬワニのあらすじ

まずはあらすじを見ていきましょう。

アルバイトで生活を送っている凡人ワニが繰り広げる日常を綴ったストーリーになります。

ワニ自体は決して優秀なわけでもなく、ごく平凡です。

ただ、ひよこを命がけで救ったり、小さい子供を笑わせてあげたり、さらに友達が落ち込んでいる時にさりげなく笑わせる優しさを持っております。

一方、好きな女の子に告白できない恥ずかしがりやなところや、予定の無い日を一日中ダラダラ過ごすだらしなさもあり、決して意思が強い方ではなく、どちらかというと弱い面を多く持っております。

そういった弱さを持っているため、失恋するなど、落ち込んでしまうこともあります。

ただ、よい友達に恵まれ、励ましてもらい、逆に友達が落ち込んでいる時は助けてあげるといったこともあります。

そのやりとりが微笑ましく、涙あり、笑いありのストーリになっております。

最終話の100日目は親友達と彼女にと一緒に花見に行く日、ワニは亡くなりました。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください