2020年3月9日午前5時50分ごろ、芸備線の東城駅(庄原市)―備後八幡駅(同)間で崩れた土砂に列車が乗り上げて横転し脱線したため、東城駅―備後落合駅(同)間で運転を見合わせているようです。芸備線の運転手は誰で土砂に乗り上げ横転場所はいったいどこなのでしょう?また、過去にも芸備線では同様の事故が起こっていたそうなのです。 乗客に怪我はあったのかや事故の詳しい経緯についてもツイッター・インスタ・FacebookなどのSNSの情報も交えながら調査していきたいと思います。" >2020年3月9日午前5時50分ごろ、芸備線の東城駅(庄原市)―備後八幡駅(同)間で崩れた土砂に列車が乗り上げて横転し脱線したため、東城駅―備後落合駅(同)間で運転を見合わせているようです。芸備線の運転手は誰で土砂に乗り上げ横転場所はいったいどこなのでしょう?また、過去にも芸備線では同様の事故が起こっていたそうなのです。 乗客に怪我はあったのかや事故の詳しい経緯についてもツイッター・インスタ・FacebookなどのSNSの情報も交えながら調査していきたいと思います。" >芸備線脱線運転手は誰で土砂に乗り上げ横転した場所はどこで乗客に怪我は?過去にも同様の事故が?詳しい経緯についても! | Kindトレンド
ニュース

芸備線脱線運転手は誰で土砂に乗り上げ横転した場所はどこで乗客に怪我は?過去にも同様の事故が?詳しい経緯についても!

2020年3月9日午前5時50分ごろ、芸備線の東城駅(庄原市)―備後八幡駅(同)間で崩れた土砂に列車が乗り上げて横転し脱線したため、東城駅―備後落合駅(同)間で運転を見合わせているようです。芸備線の運転手は誰で土砂に乗り上げ横転場所はいったいどこなのでしょう?また、過去にも芸備線では同様の事故が起こっていたそうなのです。

乗客に怪我はあったのかや事故の詳しい経緯についてもツイッター・インスタ・FacebookなどのSNSの情報も交えながら調査していきたいと思います。

芸備線脱線事故の経緯は?

事故が発生したのは2020年3月9日(月)の午前5時50分のことでした。新見発備後落合行mp快速列車が線路上の土砂に乗り上げ脱線し横転する事故が発生しました。

土砂崩れによって線路上に土砂が積もっており、そてに気づいた運転手が非常ブレーキをかけたのものの間に合わず、接触して横転したものとみられています。

早朝だったことと元々利用客が少ない区間だったため人的被害は少なかったようです。

気になるツイートがありました。

去年の秋、せっかく芸備線全線運転再開したばかりなのに、今度は三次より先で土砂崩れとは…」とありますが、どういうことなのか調査したところ、2018年6月28日~7月8日にかけて西日本を中心に広い範囲で記録された、台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨「平成30年7月豪雨」の影響で、長期に渡って芸備線は運転を再開出来なかったようです。

西日本「平成30年7月豪雨」当時の町の様子

芸備線が通る橋も崩壊してしまいました。

この悲惨な自然災害からやっと復興し運転を再開したばかりの芸備線が土砂崩れという自然災害に再び巻き込まれてしまったことに非常に胸が痛くなります。

現在も運転再開のめどは立っていないようです。

運転手や乗客に怪我はなかったのか?順を追って見ていこうと思います。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください