ニュース

レイモンド・ワン(カナダ)の今現在とwiki経歴!年齢や大学や会社名についても!

2015年にカナダで17歳の高校生が飛行機内の空気感染防止システムを発明したのご存じですか?

その名前はレイモンド・ワンさんです。

この画期的なアイデアを出したレイモンド・ワンさんですが、2020年今現在は何をしているのでしょうか?

今回はレイモンド・ワンさんさんのwikipedia経歴年齢出身大学、さらに所属する会社名について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

レイモンド・ワン(カナダ)は17歳高校生で飛行機内の空気感染防止システムを発明

2015年、レイモンド・ワンさんはカナダの方で、17歳の高校生の時に飛行機内の空気感染防止システムを発明を発表しました。

この発明はインテル国際学生化学フェアという、半導体メーカーのintelが主催する高校生向けの科学コンテストでなんと1位に入賞しました。

とても素晴らしいシステムであることが伺えます。

詳しいシステムの内容については世界的講演会TEDでも発表されました。

システムの内容はとてもシンプルで、飛行機内の座席間に空気の壁(エアカーテン)を作りだすというものです。

特許名はグローバル・インレット・ディレクターというものです。

原理も簡単で、空調の出口に後付けできる部品を取り付け、空気の流れを変えるというものです。

シンプルな構造なので、一晩で取り付けが可能のようです。

さらに、費用も12万円程度と飛行機に適用される部品にしてはそれほど高くありません。

2015年はSARSやエボラなどの、世界は苦い経験をした後でした。

実はSARSもエボラも飛行機内での感染もあったようです。

自覚症状の無い方による感染の可能性もあったようです。

レイモンド・ワンさんは何かできないか?と検討した結果、既存の飛行機内の空気の流れに問題があることに気づきました。

実は飛行機内の空調の出口の空気はフィルターにより、99%以上の病原体を除去できるようになっておりますが、空気が出た後の対応は全くされておりませんでした。

逆に空気は飛行機内をぐるぐる回る構造になってしまっていたようです。

レイモンド・ワンさんがシミュレーションをした結果、ある人がくしゃみをすると、隣の方などに汚染された空気がいってしまう構造になっておりました。

これに対してレイモンド・ワンさんはシミュレーションを重ね、空気の流れを変えることで、エアカーテンを作ることに成功しました。

効果は絶大で病原体の飛散リスクを55分の1に減少させることが可能なようです。

無症状での感染拡大の可能性は新型コロナウイルスでも同じことなので、とても効果的なのが伺えます。

まずこういった発想ができるのが素晴らしいですよね。

さらに評価すべき点は既存のシステムを変えることなく、後付けできるのですぐに適用できるという点ですね。

発明と言ったら、とても難しいシステムが必要になるイメージですが、こういったシンプルな構造でも素晴らしいシステムを作り出せるのですね。

レイモンド・ワンの年齢は?何歳?

レイモンド・ワンさんの年齢は2015年で17歳と報道されておりますが、18歳の年なので、2020年今現在は23歳の年ですね。

大学生は22歳までなので、大学院に進学していなければ社会人ということになりそうです。

レイモンド・ワンの出身大学はどこ?

レイモンド・ワンさんの出身大学を見ていきましょう。

高校生の頃は大学に進学してエンジニアリングを学びたいと言っておりましたが、いったいどこの大学に行ったのでしょうか?

調査すると簡単に見つかりました。

大学はハーバード大学でした。

ハーバード大学と言えば世界ランキングトップクラスに常に君臨し続け、数多くのノーベル賞を輩出している名門ですね。

レイモンド・ワンさんはエンジニアリングについて勉強する最高の環境で学んだようです。

レイモンド・ワンの会社の名前はどこ?

レイモンド・ワンさんは高校生の時にRayCorpという会社を立ち上げております。

事業内容は技術コンサルや開発を行う会社です。

製品を製造する機能はありませんので、スポンサーの投資により独自の開発を行ったり、協業で開発といったところでしょうか。

レイモンド・ワン自身のスペックの高さから一定のオファーは期待できそうですね。

大々的な事業成功みないなニュースはそれほどありませんが、レイモンド・ワンさんのことなので、着実に事業活動をしていると思います。

生産設備などを持たないので、それほど会社としてリスクは無いように思います。

また、会社だけでなく、非営利団体のSustainable Youth Canadaも創設しております。

110,000名以上の支援があるかなり大規模な団体です。

今世界的な課題になっているエネルギーと環境について持続可能性の実現を目指しているようです。

1つの会社に留まるのではなく、色々なところでバリバリとやっているようですね。

レイモンド・ワンの今現在のwiki(経歴)

レイモンド・ワンさんはwiki(wikipedia・ウィキペディア)がありませんので作成しました。

経歴を見ていきましょう。

  • 名前:レイモンド・ワン(Raymond Wang)
  • 年齢:推定22歳(2020年5月現在で23歳になる年)
  • 生年月日:1997年?月?日
  • 出身:カナダ・バンクーバー
  • 出身大学:ハーバード大学
  • 職業:発明家
  • 会社名:RayCorp
  • 非営利団体:Sustainable Youth Canada
  • 趣味:クラリネット、ピアノ、フルート、フレンチホルン、映画、テクニカルシアター

 

高校生の頃からエアカーテンに限らず、テクノロジーの分野で数々の発明をしております。

音楽好きという一面もあります。

余暇の時はよく演奏をするようです。

超一流のハーバード大学に進学しつつ、学業だけでなく、会社の立ち上げや非営利団体を創設もするとてもアグレッシブな方です。

ウイルス感染防止のシステムの開発や現在の世界規模で立ち向かう環境問題など、時代に合った発明や活動をしているのが特徴ですね。

今後、世界を変えていく一人と言えるかもしれません。

将来が楽しみな方ですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください