ニュース

横浜市金沢区公園カッターナイフ事件の犯人は誰で顔画像と名前特定?場所はどこ?

5月4日の夕方、横浜市金沢区並木1丁目の公園の砂場などからカッターナイフの替え刃20以上が散らばっているのが発見されました。

いったい誰がやったのでしょうか?

今回は事件のあった公園の場所、さらに犯人の顔画像や名前を調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

横浜市金沢区並木1丁目の公園でカッターナイフ事件の概要

事件が発覚したのは5月4日の夕方午後5時頃です。

子供を遊ばせている40代の男性が、子供がカッター替え刃を持っているのに気づき、交番に通報しました。

警察の調査によると、公園に敷地内の砂場などから替え刃が20本以上散乱していたようです。

回収された替え刃の半数は砂場の中から見つかり、他は見える状態で散らばっていたようです。

幸いけが人はいませんでした。

本当に良かったです。

公園では子供が走り回って遊ぶことが多いと思います。

そういった公園にカッターナイフが散らばっている時点で問題ですが、砂場に見えないように埋められているのは本当に卑劣な犯行ですね。

子供が砂場で遊んでいる時に、手を切ってけがをすることを目的にしていることは明白です。

決して許されることではないですね。