長坂拳弥,伊藤隼太のコロナ感染経路や会食場所の社外自宅はどこで特定?病院や会見内容についても!

ニュース
Sponsored Link
Sponsored Link

3月26日に阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスの陽性になりました。

そして、藤浪さんと濃厚接触した2選手が、長坂拳弥選手と伊藤隼太選手であることが分かり、

検査の結果、二人とも陽性であることが判明しました。

今回は本件のコロナ感染経路や3人が会食場所の社外自宅、さらに受診病院がどこかや阪神球団の会見内容について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

長坂拳弥,伊藤隼太が新型コロナウイルス陽性

藤浪選手以外の他2選手は誰なのだろうと騒がれおりました、長坂拳弥選手と伊藤隼太選手でした。

経緯は下記の通りです。

 

  • 藤浪選手
    • 21日:臭いを感じにくいという自覚症状
    • 22日~23日:甲子園球場で練習
    • 24日:本人が異常だと感じ、練習後病院へ。
    • 25日:甲子園球場での練習後、別の病院を受診、PCR検査が必要と診断。
    • 26日:大阪府内の病院で受診後、PCR検査
    • 26日深夜:陽性判定
    • 27日:入院の予定で、保健所で指示を待つ。症状は回復している。

 

  • 長坂選手
    • 18日:体調不良を訴える
    • 19日:大阪府内の病院を受診
    • 27日に陽性判定

 

  • 伊藤選手
    • 22日:食事の際に臭いが感じにくい自覚症状
    • 23日~25日:鳴尾浜球場にて練習・試合
    • 26日:藤浪選手の状況を踏まえて、球団からヒアリングを受ける。そこからPCR検査を受ける必要があると判断し、検査実施
    • 26日深夜:陽性判定
    • 27日:入院予定の保健所の指示待ち。症状は回復している。

 

長坂選手はちょっと分かりませんが、藤浪選手と伊藤選手の症状は快方に向かっているようで、その点は良かったですね。

ただ、症状が出た後に長い期間チーム内でプレーをしていたので、今後感染が拡大しないかは油断できない状況でしょう。

阪神の会見内容は?

阪神球団の会見は揚塩健治社長が行いました。

内容としては既にニュースに流れている内容がほとんどですね。

  • 藤浪晋太郎、長坂拳弥、伊藤隼太の3選手が新型コロナウイルスに陽性は間違いない 
  • 感染経路は不明。会食が感染源とも言える状況ではない。保健所の指示に従い感染経路を特定していく。
  • 3月14日の会食の参加者は藤浪晋太郎,長坂拳弥,伊藤隼太の3選手を含めた5名と社外の方7名の12名。場所は社外の方の自宅。

記者の質問に対して全て誠実に答えているという印象でした。

長坂拳弥,伊藤隼太のコロナ感染経路

感染経路については会見内容の通り、詳細は不明なようです。

今後は保健所の指示に従い、既に感染した3名の過去2週間の行動履歴を基に感染経路を特定してくようです。

2週間の行動履歴を見たところ、他にも複数回の会食に参加しているようですので、今後の拡大が懸念されております。

長坂拳弥,伊藤隼太の会食場所の社外自宅はどこで特定?

会見によると会食場所は社外の方の自宅とのことです。

会食日は3月14日で、その日は京セラドームで試合だったので、大阪のどこではないかと推定します。

社外の方は一般の方なので、自宅までの特定は厳しいかもしれません。

ただ、感染経路が明らかになれば、住民の不安を払拭するため、地名くらいは公表されるかもしれませんね。

長坂拳弥,伊藤隼太の受診病院はどこで特定?

藤浪晋太郎,長坂拳弥,伊藤隼太の3選手の受診病院は大阪府内と報道されております。

京セラドームの近くだと西区辺りでしょうか。

ただ、直接病院に行っても新型コロナウイルスの検査(PCR検査)はできないところが多いので、まずは保健所などに電話で問い合わせる必要がありますね。

終わりに

感染経路についてはまだ明らかになっておりませんが、保健所の指示の基、本格的に調査を進めているようです。

既に3名の行動履歴も明らかになってきているので、今後のその詳細が報道されると思います。

一方、阪神タイガース主催試合については既に4月23日まで中止されておりますが、今後さらに中止が続く可能性もありますね。

その辺りについても今後の動向を注視しましょう。

コメント