ニュース

藤浪晋太郎が新型コロナ陽性!感染経路や入院先病院はどこ?濃厚接触者についても!

3月26日、新型コロナウイルス感染の疑いがあった阪神タイガースの藤浪晋太郎(ふじなみしんたろう)投手ですが、PCR検査の結果、陽性であったことが判明しました。

今回は感染経路入院先病院がどこかや、濃厚接触者について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

藤浪晋太郎が新型コロナ陽性!

まずは藤浪晋太郎投手の新型コロナウイルス陽性の概要を見ていきましょう。


藤浪選手は3月25日には通常通り練習に参加していたようです。

現在まで、発熱やせき、体のだるさなどは無いようです。

ただ、数日前にワインやコーヒー臭いがしないという症状があったようです。

異常と感じ、兵庫県内の耳鼻科と内科の2つの病院の診察を受けました。

その後、25日の朝に別の病院でPCR検査と言われる新型コロナウイルスの検査を受けました。

そして、今回の報道に至りました。

ちなみにご存知の方も多いかもしれませんが、嗅覚障害は世界各地で新型コロナウイルスの初期症状として報告されております。

今回はそういった情報などから、藤浪選手はチームドクターと相談し、今回のPCR検査受診に至ったようです。

新型コロナウイルスの症状について、世界で共有できていたおかげで感染は最低限に抑えられたのかもしれませんね。

藤浪晋太郎が新型コロナの感染経路はどこ?


実は藤浪選手は3月14日にチームメイトと食事し、その中の2選手に味覚症状があったようです。

まだこの2選手については、コロナウイルス陽性の報告はありません。

ただ、症状的にかなり慎重になるべきであることは間違いないですね。

14日は京セラドームで試合があるため、チームメイトとの食事は大阪の飲食店でしょうか。

飲食店はクラスターの起こりやすい場所と言われておりますので、可能性としては十分あると言えそうです。

大阪は感染者数は5位内に入るほどの多さです。

確率としては十分ありそうです。

ちなみに3月11日は神宮で試合でしたが、和歌山は感染者数はそれほど多くなく、増加もしていないので、ここでの感染は比較的低いかなあと思います。

藤浪晋太郎の入院先病院はどこ?


藤浪晋太郎選手の入院先病院はどこでしょうか?

まず、藤浪選手は兵庫県内の病院を受診しておりましたので、入院するとしたら兵庫県内の病院である可能性が高そうです。

新型コロナウイルスの方が入院できるのは、感染症指定医療機関です。

兵庫県内は8か所ありますが、立地的に神戸市立医療センター中央市民病院の可能性が高いでしょう。

ただ、藤浪選手は嗅覚以外の症状は重くないので、自宅待機になるのではないでしょうか?

報道によると3人とも新型コロナウイルスのPCR検査は大阪府の病院で受けたようです。

(追記2020.3.07)

藤浪晋太郎の濃厚接触者は誰?


藤浪晋太郎選手の濃厚接触者は誰でしょうか?

まず、一緒に食事を取った味覚に違和感を覚えている二人を含めたチームメイトですね。

ただ、それ以外も例えば更衣室などもそれほど換気が良くないと推定されますので、チームメイトの多くが濃厚接触者と言えそうです。

しかしながら、一番は食事を一緒に取ったチームメートでしょう。

加えて、食事を取ったところが飲食店であれば、そこも残念ながら警戒しなければならないと言えそうですね。

終わりに

藤浪晋太郎選手については心配しておりましたが、結果として陽性が判明してしまいました。

残念ではありますが、自らチームドクターに相談し、病院をいくつも受診したのは素晴らしい行動だと思います。

もしかしたら、そのおかげで今回は感染を最小限に留めることができるかもしれません。

一方、今後の拡大を防止するには濃厚接触者を特定し、しかるべき対応することしかないと思います。

ひとまず、球場は閉鎖、試合の中止も決定しております。

運営側としては苦しい決断だったと思いますが、英断だと思います。

早く本件は収束して欲しいですね。

今後も動向を注視します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください