ニュース

松井酒造/鳥取がコロナ消毒用スピリッツ(エタノール相当)製造検討?社長について!

4月15日、鳥取県倉吉にある酒造メーカーの松居酒造合名会社が新型コロナウイルスの消毒に使用されている手指消毒用エタノールと同等の効果のあるスピリッツの製造を検討していることをツイッターで発表しました。

いったいどういうことなのでしょうか?

今回は本件の詳細と、松井酒造の概要、さらに社長と女将について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

松井酒造/鳥取の概要


資本金754万円とそれほど大きな会社ではないですね。

起源は1910年、小川貞一さんが酒と醤油醸造業と製造業として、小川合名会社として創業になる。

2005年にマツイグループの傘下に入り、2007年には日本酒を休蔵します。

日本酒以外にも海外のお酒が人気になり、あまり売れなくなったのでしょうか。

その後、マツイグループが小川家より経営権を譲り受け、松井酒造合名会社に社名を変更します。

その後、ウイスキーのブームに乗っかるためか、日本酒からウイスキー製造中心に切り替えます。

2016年に ウイスキー銘柄「倉吉」のラベルに「made in Japan」「倉吉蒸溜所」と記載していたにもかかわらず、海外から輸入した原酒を使用していたことから、ウイスキーファンより指摘が相次ぎネットで炎上しました。

厳しい価格競争を生き抜くためですかね。

その後はスピリッツやブランデーなどの洋酒に幅を広げ、今に至ります。

日本酒に固執せず、時代の変化に順応した酒造という感じですね。