ニュース

トミーリンセルズのwiki!今現在や生い立ちは?ダイアンさん(小説家)が描いた真相とは

小説家のダイアン・ファニングさんが書いた小説がトミーリンセルズという男が起こした事件を描いたノンフィクションのようです。

今回は主人公のトミーリンセルズのwiki、今現在や生い立ちについてのプロフィールについてまとめてみました。

ダイアン・ファニング(小説家)のプロフィール

  • 名前:ダイアンファニング
  • 出身:アメリカ合衆国
  • 職業:推理小説家

 

ミステリー小説やノンフィクションの小説を多く執筆しているようです。

エドガー賞など多くの賞を受賞した有名な小説家です。

特にトミーリンセルズが起こした事件についてのノンフィクションの小説があまりにも壮絶過ぎて、多くの反響がありました。

トミーリンセルズのwiki

名前:トミー・リン・セルズ

享年:49歳(1964年-2014年)

 

トミーリンセルズの今現在と生い立ち

トミーリンセルズは1978年から1999年の間は貨物列車に隠れて乗ったり、ヒッチハイクをしたり、車を盗んだりしてアメリカを転々としていたようです。

物乞いや日払いのアルバイト、盗みなどもしていたようです。

犯罪者ですね。

日常的に犯罪を犯していたので、感覚は麻痺していたようです。

16歳の時からやってはいけない犯罪をはじめます。

数々の犯罪を犯しますが、1990年に刑務所に入ります。

その時、精神医者に「パーソナリティ障害、うつ、依存症」と診断されました。

大きな罪を犯したにも関わらず、禁固16か月でした。

出所後、1年もしない内にまた罪を犯します。

出所の基準が甘いように感じますね。

その後も罪を繰り返し、再び、逮捕で刑務所に入ります。

再び出所しますが、全く反省の色はなく、罪を続けます。

ジュリアという女性が、濡れ衣を着せられた事件がありましたが、なんと2002年のトミーリンセルズが37歳の時に、小説家のダイアン・ファニングさんが取材することで明らかになったようです。

つまり、ダイアン・ファニングさんのおかげでジュリアさんの無実が証明されたのです。

実はこれに限らず、未解決の多くの事件が存在し、逮捕されたトミーリンセルズは全て自白しました。

その内容があまりにも壮絶過ぎ、多くの警察官たちが凍り付いたようです。

そして、トミーリンセルズは2014年で人生の幕を閉じます。

 

 

終わりに

トミーリンセルズが長い間野放しにされていたのが本当に悔やまれると思います。

このような恐ろしい事件が起こらないことを節に願います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください