ニュース

横山ゆかりの誘拐犯人は女?兄弟は?霊視では生きている?パチンコ店名や発見情報や親がクズと非難される理由なども!

1996年に横山ゆかりちゃん(当時4歳)が群馬県太田市のパチンコ店で行方不明になりました。

公には誘拐した犯人は男の可能性が高いという一方で、女の可能性もあると言われております。

いったいどういうことなのでしょうか?

今回は事件の詳細に加え、横山ゆかりの兄弟パチンコ店がどこか(店名)霊視結果で生きているかの情報、さらに発見情報が無いかやご両親がクズと非難されている理由についても調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

横山ゆかり失踪事件の概要

まずは横山ゆかりちゃんの失踪事件の概要を見ていきましょう。

事件が起こったのは1996年7月7日の13時50分、群馬県太田市高林東町のパチンコ店ドバット太田南店(当時のパチトピア)

横山ゆかりちゃんが一人で遊んでいるうちに失踪。

警察は横山ゆかりちゃんと一緒に映っていた人物を重要参考人として認定しております。

防犯カメラによると当時では30歳~50歳の男、身長158cm、背中に「ハ」の文字のあるジャンパー、ニッカポッカのようなズボン姿です。

見た目で判断してはいけないかもしれませんが、いかにも怪しそうな雰囲気ですね。

両親は恐らくご遊戯に夢中だったのでしょう。

子供の面倒を見ながらできることではないでしょうね。

4歳の女の子にとっては退屈なので、両親の目の届かないところに行ってしまってもおかしくないですね。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください