ニュース

ホテル丸治放火犯人は誰で顔画像と実名名前特定?宇都宮コロナ軽症者受け入れ施設で不審火か

5月5日、栃木県宇都宮市の新型コロナウイルスの軽症者受け入れ施設である、ホテル丸治で出火がありました。

不審火(放火)の可能性が疑われております。

放火犯人はいったい誰なのでしょうか?

今回は本件の概要と、犯人の顔画像や実名名前が特定されているかについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

ホテル丸治で火事(放火・不審火)

まずは火事の概要を見てみましょう。

 

  • 火事があったのは5月5日午後11時40分頃、栃木県宇都宮市のホテル丸治。
  • ホテルの西側通路下から出火しベニヤ板などの廃材が約0.25平方メートルが燃えた。
  • 火事は従業員が気付き消火器で消し、けが人はいなかった。
  • 火事のあった場所は屋外であり、火の気がない。

 

火の気のないところでの出火ですので、警察は不審火(放火)の可能性があるとして、調査を進めているようです。