ニュース

ホテル丸治放火犯人は誰で顔画像と実名名前特定?宇都宮コロナ軽症者受け入れ施設で不審火か

5月5日、栃木県宇都宮市の新型コロナウイルスの軽症者受け入れ施設である、ホテル丸治で出火がありました。

不審火(放火)の可能性が疑われております。

放火犯人はいったい誰なのでしょうか?

今回は本件の概要と、犯人の顔画像や実名名前が特定されているかについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

ホテル丸治で火事(放火・不審火)

まずは火事の概要を見てみましょう。

 

  • 火事があったのは5月5日午後11時40分頃、栃木県宇都宮市のホテル丸治。
  • ホテルの西側通路下から出火しベニヤ板などの廃材が約0.25平方メートルが燃えた。
  • 火事は従業員が気付き消火器で消し、けが人はいなかった。
  • 火事のあった場所は屋外であり、火の気がない。

 

火の気のないところでの出火ですので、警察は不審火(放火)の可能性があるとして、調査を進めているようです。

ホテル丸治は新型コロナウイルス軽症者受け入れ施設

ホテル丸治は数少ない新型コロナウイルスに感染した軽症者や無症状者を受け入れ施設の1つです。

 

 

ホテルは使命感から重要な役割を担ってくれたのだと思います。

栃木県で5月2日に新型コロナウイルスの宿泊医療に向けた研修を始めて開いた場所であるなど、宿泊医療の先陣を切ったホテルの1つです。

宿泊医療の重要度は最近認識され始めており、今後重要な役割を担う施設として、期待されているようです。

ホテル丸治を放火した犯人は誰で顔画像と実名名前特定?


現在のところ、警察は不審火(放火)の可能性があるということで、調査を始めているところで、犯人逮捕には至っておりません。

ただ、防犯カメラなどはあると思いますので、そこから犯人が特定される可能性は十分あるでしょう。

放火は立派な犯罪なので、実名報道はされるかもしれませんね。

ホテル丸治を放火した犯人の動機は?

犯人の動機は、新型コロナウイルス感染者の受け入れを快く思わないということでしょう。

その理由はいくつかあると思います。

1つは町中に新型コロナウイルスの人を入れてきてほしくないという住民です。

特に高齢者の死亡率は高いので、高齢者は特にピリピリしていると思います。

また、高齢化すると理性も働きにくくなるのも脳科学的に明らかになっており、ついつい大胆な行動をやってしまいがちです。

そういったところから、高齢者の住民というのは十分ありそうです。

2つ目は同業者です。

新型コロナウイルスの影響で通常のホテルはお客さんはほとんどいないでしょう。

そういった中、ホテル丸治は感染者の受け入れ施設を提供したということで、一定の収入は得られると思います。

それを見る同業者は羨ましいと感じても不思議ではないです。

羨ましいが発展して、嫉妬につながったのかもしれません。

今の時期はホテルの廃業も多く見られるなど、経営難のところが多く、心もささくれ立っていると思います。

そういった中、こういった行為に及び可能性はあるかもしれません。

いずれにしもて、警察が調査中ですので、何かしらボロが出てくるのではないかと思います。

同じようなことが起こるとホテル丸治の方も安心できないので、一刻も早く原因を突き止めて欲しいですね。

以上、調査結果でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください