ニュース

ナターシャカンプシュ事件の犯人や映画は?現在の顔写真や身長や家族やプロフィールなども!

1998年3月2日にオーストリア・ウィーンにて発生したオーストリア少女監禁事件

8年半にわたり監禁させられ、暴力までふるわれていたというオーストラリア全域を震撼させた事件でもあります。

今回は、ナターシャカンプシュ事件の犯人や映画、現在の顔写真や身長、家族やプロフィールなどを調べました。

ナターシャカンプシュ事件(オーストリア少女監禁)とは?

1998年、オーストリア・ウィーンで当時10歳だったナターシャカンプシュさんは登校途中、通信技術者のウォルフガング・プリクロピルさんに誘拐されました。

2006年に自力で逃げ出し保護されるまでの8年半ウォルフガング・プリクロピルさんの自宅の防音処理を施されたわずか5平方メートルの地下室に閉じ込められていました。

部屋は防音となっており、助けを呼ぶ声も外には聞こえませんでした。
少女誘拐の犯人は性的欲求となる部分がほとんどであったり、中学生以下となる女児に興味を示している場合もあります。
しかし、ナターシャカンプシュさんは特に何もされず食事もきちんと与えられていました。

時に、地下室を出ることは許されており、寝る時と、犯人プリクロピルさんが仕事に出かけるときは地下室に監禁され「ドアや窓には爆弾が仕掛けてある」「逃げたら銃で撃つ」などと脅されていたようです。

監禁生活がしばらく続くと、家の中では犯人の1m後ろを歩くよう強制され、暴行を受けるようにもなっていたそうです。
食事に関しても監禁直後とは違い、ほんの少ししか与えられず空腹に苦しんでいたようです。
さらに、寝るときは手錠をはめられ、髪の毛を坊主にされたり、家事も強要されていました。

「家族は身代金の支払いを拒否してる」「家族はお前を厄介払いできて喜んでる」「家族はお前のことを忘れてる」と犯人プリクロピルさん希望を打ち砕く言葉を常に浴びせていたようでした。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください