ニュース

勝武士のコロナ感染経路は不明?相撲界初コロナ感染で死亡!糖尿病も患っていた?勝武士のプロフィールやどんな力士だったかも!

日本相撲協会は13日、西三段目82枚目の勝武士(しょうぶし)さん(本名末武清孝=すえたけ・きよたか=、山梨県出身、高田川部屋)が同日午前0時30分、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、東京都内の病院で死去したと発表しました。28歳という若さでした。

新型コロナ感染での死者は角界初。国内で20代の死亡は、年齢が明らかになっている中では初とみられています。

そんな勝武士さんのプロフィールなどを中心にコロナ感染への経路やどのような力士だったのか紹介していきたいと思います。

勝武士さんのwiki風プロフィール

しこ名 勝武士(しょうぶし)

本名 末武清孝(すえたけ きよたか)

出身 山梨県甲府市

生年月日 平成3年11月4日(28歳)

改名歴 平成25年十一月 勝武士 幹士
平成24年七月 彈丸 一風
平成24年一月 勝武士 清孝
平成19年三月 勝武士 太郎

部屋 高田川

身長・体重 166.0センチ 108.9キロ

戦歴 260勝279負(勝率0.482)

 

まだまだ若手でこれからが期待されるべき力士だった勝武士さん。

今注目されている炎鵬関さんは25歳。

そんな彼との若手同士の取り組みも近いうちに見れたかもしれないと思うと残念です。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください