ニュース

小倉美咲の父親は?霊視での居場所特定やスーパーボランティアや小学校や自衛隊撤収理由なども!

山梨県道志村のキャンプ場で9月21日から行方不明の小倉美咲ちゃん(7歳)の捜索が難航しております。

今回は詳しい事件の状況に加え、小倉美咲ちゃんの父親霊視での居場所特定情報スーパーボランティア(尾畑春夫)の参加状況、さらに自衛隊の撤収理由について調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

小倉美咲の事件の概要

まずは小倉美咲ちゃんの行方不明事件の概要を見てみましょう。

場所は山梨県道志村の椿オートキャンプ場。

  1. 9月21日(土)に小倉美咲ちゃんは家族や友人達とキャンプ場に来た。
  2. 9月21日(土)の午後4時前に母親(小倉とも子)に「友達と一緒に遊びに行ってくる」と話して、年上の子供達を追いかけて一人森に入ったところ行方不明。1時間母親が探しても見つからなかったため、警察に通報
  3. 9月22日~警察、消防、ボランティアで捜索(五十人~百数十人体制)。
  4. 「のどが渇いて水を求める」「開けた道を探す」という人の習性から、小川や林道を中心に捜索。24日はドローンなども投入。
  5. 9月25日は自衛隊も加わり230人態勢で捜索。
  6. 9月27日にボランティアの男性行方不明
  7. 9月28日に自衛隊撤収(村の要請)
  8. 9月29日に行方不明のボランティア男性発見(怪我はあるが命に別状無し)
  9. 9月30日以降は30人態勢に縮小(ご両親には説明済)。

懸命の捜査が続いておりますが、手がかかりは全くつかめておりません。

美咲ちゃんが行方不明なってから9日も経つということで、ご家族の方は「食欲がない」「夜も眠れない」など疲れが見え始めているようです。

よく72時間の壁という話を聞きますが、これは水分補給ができない場合の時間なので、今回は全く当てはまりません。

小川などが流れているので、その場所に行けば水分補給は可能なためです。

実は食糧がなくても、水分さえあれば人は3週間生きられると言われておりますので、それを考えると9日間経過はそう悲観的になる必要はないとも取れます。

ただし、体温を奪われるとかなり短時間で命にかかわることになりますので、美咲ちゃんが暖を取れているかが鍵を握ると思います。

ちなみに美咲ちゃんの服装は長袖のTシャツにジーンズだったようです。

幸いにも長袖、長ズボンですね。

楽観視しても仕方ないのですが、とにかく探す、情報があれば漏れなく提供する(ドライブレコーダーの映像の提供など)しかないと思います。

9月21日、22日に椿オートキャンプ場近くを通って、ドライブレコーダー映像を持っているという人は、映像の中にもしかしたら手がかりがあるかもしれません。

一人の命を救えるかもしれませんので、ご検討いただければ幸いです。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください