ニュース

建築工房プラウド社長下山清孝が夜逃げ失踪!顔画像や理由はなぜ?弘前市住宅会社事件の真相とは

2019年に青森県弘前市の住宅会社「建築工房プラウド」社長の下山清孝さんが夜逃げ失踪したようです。

いったいどういうことなのでしょうか?

今回は本件の概要に加え、下山清孝社長の顔画像失踪理由について調査しました。

建築工房プラウド社長下山清孝の顔画像とプロフィール

まずは顔画像とプロフィールです。

  • 名前:下山清孝
  • 年齢:56歳(2020年3月現在)
  • 会社:株式会社建築工房プラウド
  • 役職:代表取締役社長
  • 業務内容:建築業(新築、増改築、リフォームな)
  • 設立:2013年1月1日

2013年に設立とまだ浅いですね。

2015年から株式会社化したようです。

資金調達の面で有利なのでそうしたのでしょね。

最近はほとんど利益が出ておらず、自転車操業だったようです。

顔画像については会社のホームページを見ても出しておりませんでした。

会社によっては顔出ししているところもありますよね。

下山孝のfacebook

下山清孝社長のfacebookを探してみました。

一応同姓同名で住所が同じものはありました。

ただ、投稿内容がほとんどないので本人かどうかは特定できないですね。

同一人物かどかの判断はお任せします。

建築工房プラウド社長夜逃げ失踪事件の概要


2018年~2019年に契約した施主や下請け業者に被害が及んでいるようです。

全容はまだ明確ではありませんが、建築工房プラウドに関する被害は9件ほどあるようです。

例えば、総額3400万円のうち、2800万円支払ったのに基礎工事しか終わっておらず、そのまま放置という状況のようです。

これはひどいですね。

他にも、家は完成したが、必要な修理はしてもらえないなどもあるようです。

会社に余裕がない感じが出ておりますね。

社長はから2019年から失踪しているようです。

建築工房プラウドの場所はどこ?

建築工房プラウドの場所は下記です。

〒036-8085 青森県弘前市大字末広二丁目4-3

上記事務所の他に、浪岡で新築住宅の内覧見学会のイベントを開くなど精力的に活動をしておりました。

建築工房プラウド社長夜逃げ失踪の理由はなぜ?


失踪理由は改めていうほどではないですが、資金繰りが厳しくなったからでしょう。

株式会社も人気が無くなれば誰も株を買ってくれませんもんね。

2018年9月期決算の売上高は約2億9千円でしたが、利益はほとんど出ておらず、周りから倒産の恐れもあると思われていたようです。

また、下請け業者への支払いも慢性的に遅延するという問題も抱えておりました。

かなり危ない状況ですね。

最近は新型コロナウイルスの影響と言われてますが、そういうの関係なく、経営がよくなかったんですね。

利益がでないと株主にとって魅力でないので、資金も余計に集まらなくなるという悪循環だったのでしょう。

破産申請などをするしかないかもしれませんね。

終わりに

本件は資金繰りが苦しくなったことによる現実逃避ということですね。

ただ、経営者にしか分からない苦しみはあったと思います。

受注した家すら完成できないのは社長としてもつらかったことでしょう。

決して許されることではないですが、頭を整理して戻って来て欲しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください