ニュース

筑後市コロナはどこで感染者20代女性大学生の名前は誰で特定?ヨーロッパ飛行機の渡航歴や入院先病院についても!

3月28日福岡県筑後市で初のコロナウイルス感染が確認されました。

感染者はヨーロッパ旅行後の20代女性大学生のようです。

いったい誰なのでしょうか?

今回は本件の詳細と感染者の名前は誰か、さらにヨーロッパ旅行の飛行機の渡航歴についても調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

筑後市に初の新型コロナウイルス感染者

3月28日に福岡県筑後市に20代女性大学生の新型コロナウイルスに感染が確認されました。

筑後市としては初ですね。

福岡県は北部を中心に感染は確認されておりましたが、今回初めて南部での感染が確認されました。

そういったところから、「とうとう筑後市にも来たか」という声が多いです。

これを受け、小川知事より不要不急の外出を控えるよう要請が出ております。

筑後市の新型コロナウイルス感染の場所はどこ?


報道によると、具体的な場所は筑後市ということくらいですね。

筑後市の大学と言えば九州大谷短期大学などですね。

下宿生で、九州大谷短期大学生であったら、大体この辺りに住んでいることになりますね。

筑後市の新型コロナウイルス感染者大学生の名前は誰で特定?

報道では筑後市に住む、20代の女性大学生とのことです。

一般の方なので、名前の公表はされない可能性が高そうです。

名前の公表ができないのは仕方ないですが、せめてどの地区くらいかはもっと詳細の情報提供があってもいいかなあと思います。

筑後市と言われても広いですもんね。

たた、プライベートの保護と住民の不安を払拭するための情報提供のバランスは難しそうです。

筑後市の新型コロナウイルス感染者大学生のヨーロッパ飛行機の渡航歴は?

渡航歴を見てみると、イギリス、フランス、スペイン、ドイツとがっつりヨーロッパを周遊しておりますね。

一番感染がひどいイタリアは行っていないにしても、他の国も外出禁止レベルのエリアです。

ヨーロッパから新型コロナウイルスを持ち帰ったと考えるのが自然ですね。

ネット上ではなぜこの時期に「ヨーロッパに行ったのか」という厳しい声が出ております。

何か事情があったのでしょうか?

筑後市の新型コロナウイルス感染者大学生の入院先病院はどこ?

入院先病院については報道されておりませんが、このエリアはあまり大きい病院がないようで、下記ではないかと言われております。

  • 久留米市大学病院
  • 聖マリア病院(久留米市)
  • 新古賀病院
  • 筑後市立病院

今後の報道で明らかになるかもしれません。

終わりに

今までは福岡県は北部を中心に感染者がいましたが、とうとう南部に上陸という形になります。

ただ、感染者はまだ一人で、感染源も海外である可能性が高そうなので、ここで封じ込めることはできるかもしれません。

ひとまずは、感染者の行動履歴と濃厚接触者を徹底的に洗い出し、これ以上の感染拡大は防いで欲しいですね。

今後の動向に注視しましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください